キミと季節と陽だまりと

この曲の表示回数 5,091

いつもキミだけを
想って眠るから
夕晴れ見上げては
季節を数えてる

あたたかな風は
穏やかに流れ
明日を待つ

どんなに遠く離れてても
想いは重なり合っても
一人きりの夜を越えて
いつまでも想いながら

いつもこの場所で
キミだけ感じてる
そんな陽だまりで
キミ想い眠るから

聞こえるメロディーは
優しく流れて
同じ明日へ

どんなに遠く見えなくても
想いは重なり合っても
君の願いが帰る場所で
いつまでも想いながら

いつかキミに逢えるように
どこまでも迎えに行くよ
キミが願うその場所へ
このままで歩きながら

どんなに遠く離れてても
想いは重なり合っても
キミの願いが帰る場所へ
陽だまりを歩いて行こう

いつまでも想いながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キミと季節と陽だまりと 歌手:和田光司

和田光司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-08-01
商品番号:NECA-20062
インデックス ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP