亘理の冬

この曲の表示回数 18,269
歌手:

水森かおり


作詞:

伊藤薫


作曲:

伊藤薫


白い浜辺をひとり歩けば
泣いてくれます亘理の砂が
蔵王おろしか舞う風花(かざはな)か
遠くかすんでにじみます

愛は突然にガラスの器のように
もろく傷ついてこわれて消えた
生きれば悲しみ増えるだけですか
わたしの明日はどこですか

髪も凍えるわたしの先に
光りまぶしい鳥の海

あの日あの人は心を変えてしまった
ふたり積み上げたすべてを捨てて
教えてほしいの阿武隈の川よ
別れの理由を今すぐに

いつか春が来て桜が空をそめても
ずつとこの胸はあなたを待つの
ヒュルヒュルヒュルルと風が吹こうとも
せつない涙はかわかない
もう二度と…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:亘理の冬 歌手:水森かおり

水森かおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-01
商品番号:TKCA-73561
株式会社 徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP