パトリシア

この曲の表示回数 21,592
歌手:

nano.RIPE


作詞:

きみコ


作曲:

佐々木淳


随分遠くまで歩いてきたと 思うけれどまだ霞む未来
立ち止まることがただ怖いから 流されるまま歩いてた

どこから来たのかどこへ向かうのか 自分のことさえわからないまま
変わりゆく日々の色や匂いは ガラスの向こう側のこと

サヨナラするたびに消えてしまった色は
そう遠くない場所でぼくを待っていた

きみに出会うまで忘れたふりをして
誰にも言えずに隠してきたものが
胸の奥で軋んで泣いた ココニイルヨ

降り注ぐ朝の光のような やわらかな声は清く強く
大切なものはヒトツきりだと 決め付けていたぼくの手を

ぎゅっと握りしめた ずっと探してたと
ただそれだけで絡まった指に宿るよ

きみに出会うため生まれてきただとか
きみを守るためこの身を捧ぐとか
そんなことは言えないけれど それでも今

きみを想うたびその手に触れるたび
探してたものがぼくにもあったこと
愛してるのコトバの意味を少しずつ知る

愛してるのコトバの意味を少しずつ知る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:パトリシア 歌手:nano.RIPE

nano.RIPEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-22
商品番号:LACM-4740
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP