試聴する

迷子のパピー

この曲の表示回数 3,981

ひとりぼっちが冷たくて 震える体すり寄せ
ぬくもりが伝うまで 顔をうずめて

どこかで泣いてる声がする あの日ずぶぬれの子犬みたいに
あれからどれくらい 声張りあげ枯れるまでずっと泣いてないだろう
抱き上げてみつめたら ドロンコの笑顔見せたね
どこではぐれたの 誰もいない夜をいくつ越えたの?

ひとりぼっちが冷たくて 震える体すり寄せ
ぬくもりが伝うまで 顔をうずめて

どこかで泣いていたんでしょう 目をそらしてもホラばれてるよ
あれからどれくらい声ひそめて 枯れるまでずっと泣いていたの
笑って見せる 横顔はまるで迷子のパピー
どこではぐれたの 誰もいない夜をいくつ越えたの?

ひとりぼっちが冷たくて 震える体すり寄せ
ぬくもりが伝うまで 顔をうずめたら
ひとりぼっちはさようなら あとは時にまかせて
ぬくもりが伝うなら 顔をあげて…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:迷子のパピー 歌手:いとうかなこ

いとうかなこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-10-04
商品番号:HBD-6
インディーズ・メーカー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP