歌詞を

ヘルプ

北川大介90曲中 1-90曲を表示
2021年9月25日(土)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
旅の居酒屋北川大介水木れいじ叶弦大乗り替え駅からほんの五分も
雪割りの花北川大介喜多條忠叶弦大一度死んだと思って生きりゃ
水芭蕉北川大介麻こよみ叶弦大風にやさしく揺れてる
男と女北川大介たきのえいじ叶弦大黄昏の桟橋はブルースが
アカシアの女北川大介麻こよみ叶弦大前髪なおしたふりをして
波止場酒北川大介水木れいじ叶弦大旅のさむさにわびしさに
おまえを連れて北川大介仁井谷俊也叶弦大こころのどこかで探してた
雨の酒場町北川大介いではく叶弦大色とりどりの灯りがにじむよ
横濱のブルース北川大介伊藤薫叶弦大愛を信じてくれ俺を信じてくれ
倖せの隠れ場所北川大介荒木とよひさ五木ひろし恋人よ隣りにおいでよ
横濱の踊り子北川大介喜多條忠叶弦大港ヨコハマ日は落ちて
前橋ブルース北川大介星野哲郎中川博之よく似た人だというだけで
薔薇の香水北川大介麻こよみ叶弦大黒髪そっとかき上げる君の
横浜ルージュ北川大介保岡直樹・補作詞:荒木とよひさ平尾昌晃かもめに恋した女どこにもある
この愛に生きて北川大介荒木とよひさ中川博之しあわせ薄いお前の横顔
おまえだけなのさ北川大介高畠じゅん子夏川寿里亜おまえだけなのさ
想い出はマロニエ北川大介麻こよみ叶弦大まぶた閉じればすぐ逢えるたどる面影
心の真んなか母がいる北川大介保岡直樹叶弦大上り列車に夢乗せて
菜七子北川大介岡田冨美子叶弦大美人じゃないのになんで
君の住む町で北川大介平尾昌晃平尾昌晃この駅降りたら君の声が
みなと町 小樽北川大介水木れいじ叶弦大ふりしきる雨に肩を寄せながら
みちのく北川大介喜多條忠叶弦大涙がひとつ涙がふたつ
哀愁の街北川大介喜多條忠叶弦大港長崎なつかしい出島あたり
水割りグラス北川大介麻こよみ叶弦大愛に傷つきやつれた心
愛をありがとう北川大介高畠じゅん子中川博之あなたの笑顔にいつも支えられ
波止場北ホテル北川大介高畠じゅん子中川博之逢えばむなしいと知りながら
ブルーな街角北川大介いではく叶弦大さびしい町のさびしい夜は
星空の下で北川大介・竹川美子紙中礼子叶弦大夕陽が西空染めてゆく
しのび逢い北川大介たかたかし五木ひろしきれいな瞳をしてあまえて
そんな鴎の港町北川大介荒木とよひさ中川博之男には心に風の港が
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
黄昏のむこう側北川大介荒木とよひさ平尾昌晃枯葉が舞う黄昏は追憶が肩を
愛してる…激しく北川大介仁井谷俊也叶弦大君を見た瞬間こころの中を
北に生まれたその女は北川大介荒木とよひさ中川博之海鳴り燈台ちぎれる汽笛
中ノ瀬橋北川大介麻こよみ叶弦大俺の帰りを待てないで
泣かせたくない北川大介麻こよみ叶弦大ただの遊びのつもりなら
北の終着駅北川大介荒木とよひさ中川博之俺の小指を噛んで
小樽夢見坂北川大介星野哲郎中川博之あなたが背のびした
北の昴北川大介麻こよみ叶弦大北の夜空に冴え冴えと
新・東京音頭北川大介・竹川美子麻こよみ叶弦大ハァーーどんと開いた隅田の
冬の嵐北川大介たかたかし原譲二夢を追いかけ夢につまずき
やぐるま岬北川大介ちあき哲也叶弦大寒いのは咽び泣く
北の町 みなと町北川大介喜多條忠叶弦大カモメ泣け泣け泣くだけ泣けば
北のひだまり北川大介紙中礼子叶弦大たばこ一服ふかせば遠く
哀愁のダナン北川大介伊藤薫叶弦大北の入り江に夕日が浮かび
横須賀挽歌北川大介小泉厚子岡千秋今年もおまえに逢いたくて
西波止場北川大介いではく大谷明裕山背の風が吹いた朝
男たちの純情歌北川大介荒木とよひさ平尾昌晃男が心底惚れる女恥ずかしがり
噂の湘南漁師町北川大介はまだゆうこう岡千秋サーファー娘の潮焼け素顔
おまえが港北川大介高畠じゅん子夏川寿里亜あなたの夢のお手伝い
星空のツイスト北川大介岡田冨美子叶弦大忘れられない彼女に似てる
本当のしあわせ北川大介いではく叶弦大くり返す波音を聞きながら
胸に汽笛が響く町北川大介喜多條忠叶弦大火の見やぐらや駅前の
サチコ北川大介田中収田中収暗い酒場の片隅で俺はお前を
夜明けの停車場北川大介丹古晴己叶弦大夜明けの停車場にふる雨は
アメリカ橋北川大介山口洋子平尾昌晃風が足もとを通りすぎてゆく
男の背中北川大介中山大三郎中山大三郎男の肩と背中にはむかしの影が
帰れないのさ北川大介坂田あふる原譲二如月・北国暖炉のへやで
北へ北川大介石坂まさを叶弦大名もない港に桃の花は咲けど
酒はこの世の贈り物北川大介さいとう大三叶弦大まわり道して裏通り
夜の銀狐北川大介中山大三郎中川博之淋しくないかいうわべの恋は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
おれでよければ北川大介四方章人四方章人風のたよりに噂きいたよ
伊豆の国音頭北川大介・竹川美子喜多條忠叶弦大どんな国こんな国伊豆の国
もういくつ寝るとしあわせが瀬川瑛子・北川大介荒木とよひさ平尾昌晃しあわせは心の中に隠れて
影法師北川大介荒木とよひさ堀内孝雄人の優しさ恋しい晩は
人生ららばい北川大介冬弓ちひろ五木ひろし飢えた心で彷徨って
酒場北川大介三浦康照叶弦大どこにもあるような酒場の
東京三日月倶楽部北川大介田久保真見五木ひろし夜空をひとり見るたびに
泣くんじゃないよ北川大介鈴木紀代叶弦大星を見上げて泣いてたね
冬のリヴィエラ北川大介松本隆大瀧詠一あいつによろしく伝えてくれよ
夜明けの停車場北川大介丹古晴己叶弦大夜明けの停車場にふる雨は
酒よ北川大介吉幾三吉幾三涙には幾つもの想い出がある
あなたのすべてを北川大介佐々木勉佐々木勉名前も知らないあなたとわたし
世界で一番お似合いの瀬川瑛子・北川大介荒木とよひさ平尾昌晃可愛い人だね本当だよ
めぐり逢い紡いで北川大介るい大塚博堂胸のボタンひとつはずして
情炎北川大介吉幾三吉幾三どうせあんたは他者のひと
それは恋北川大介秋元松代猪俣公章朝霧の深い道から訪れて
大阪で生まれた女北川大介BOROBORO踊り疲れたディスコの帰り
ひとり占め北川大介高畠諄子中川博之指輪をかわした仲ではないけれど
夜空北川大介山口洋子平尾昌晃あの娘どこにいるのやら
もういくつ寝るとしあわせが北川大介・葵と楓+木村唯荒木とよひさ平尾昌晃しあわせは心の中に隠れて
ルビーの指環北川大介松本隆寺尾聰くもり硝子の向こうは風の街
恋の町札幌北川大介浜口庫之助浜口庫之助時計台の下で逢って私の恋は
時の過ぎゆくままに北川大介阿久悠大野克夫あなたはすっかりつかれて
東京北川大介及川眠子川上明彦あんたとならいつ死んでも
秋止符北川大介谷村新司堀内孝雄左ききのあなたの手紙
想いで迷子北川大介荒木とよひさ三木たかし愛に溺れてあなたに疲れ
グッドバイ北川大介ちあき哲也中川博之寝顔のかわいい人だから
氷雨北川大介とまりれんとまりれん飲ませて下さいもう少し
うそ北川大介山口洋子平尾昌晃折れた煙草の吸いがらで
わたし祈ってます北川大介五十嵐悟五十嵐悟身体に充分注意をするのよ