Petrichor

もうながいこと見つめてた宙に浮かぶ僕の虚空は
降り続いてる雨で瞬く間にいっぱいになってしまった

それなりに余裕のある絹のような君の心は
降り続いてる雨でじんわりとゆっくり濡れてく

目を凝らしよく見ると今にも崩れそうな世界だ
そこらを歩いてる彼らもきっと正気を保つので必死さ

一切の無駄の無い動きで飛び降りる
美しい君を見ていた
揺らぐように落ちてく君の姿は
それはなんかもうまるで宇宙だったよ

一切の無駄の無い動きで飛び降りる
美しい君を見ていた
揺らぐように落ちてく君の姿は
それはなんかもうまるで宇宙だったよ