You

あの頃の僕は
霧の中の様な場所にいて
遠くの方が見れなくなったから
近くにあるものだけを
必死に守っていたんだ

窓を揺らしている
風の言葉は僕にはわからない
先のことを考えるとなぜか
ものすごく怖くなってきて
何もしたくなくなっていた

あなたが傍にいてくれたのに
ひとりと思っていた

抱えてた闇に襲われて
まるで自分じゃないみたいに
あなたのことを傷つけたことも
今でもまだ覚えている
理解できない状態で
おかしくなっていたみたいだ
本当に大切にすべきものは
今ならもう答えられる

例えば僕らの
これから過ごす日々の中で
もしあなたの方に闇が訪れて
視界が狭くなってしまい
言葉も届かなくなったら

あなたが僕にしてくれたように
寄り添うことは出来るだろうか

抱えてた闇に襲われて
まるで自分じゃないみたいに
あなたのことを傷つけたことも
今でもまだ覚えている
理解できない状態で
おかしくなっていたみたいだ
本当に大切にすべきものは
今ならもう答えられる

ねえ
それはあなたのことって
やっと気づけたんだ
ここに会いにきたんだ 今
だからねえ
闇の向こう側へ今度は
きっと僕が連れていけるはずだ

抱えてた闇に襲われて
まるで自分じゃないみたいに
あなたのことを傷つけたことも
いまでもまだ覚えている
訳もわからず泣いた夜
一緒に涙を流したりして
思い通りにならない毎日も
あなたとなら過ごしてこれた

人は誰しもひとりでは
生きていけないと知ったんだ
見えない明日に急かされる今日も
あなたとなら超えていける
少し崩れた表情で
笑ってるあなたは綺麗だ
本当に大切にすべきものは
今ならもう答えられる