風待ち

季節はずれの雨が好きな あなたに悪いけど
晴れた日の空の下で わりとうまくやれてる

たまに会う友達は 昔の話ばかり
あの頃見てたもの あれもこれも遠すぎて

みんな知らぬ間に時を過ごしたのかなあ
思い描いたとおり? ちょっと違う
今 夏の香りがしました
涙が出なかったのはそれのせいかなあ

待合わせの人の隙間歩き慣れたけど
あなたなら心の隙間見抜きそうな気がした

目指すもののカタチは少しづつ変わってく
まわりが思うほど じつはそんな器用じゃない

あれ?いつの間にこんなに疲れたのかなあ
まだいけるつもり ちょっとはつらい
また花は咲き 枯れました
たまにはあなたの顔 見れないもんかなあ

街の色に染まって
ときに何も思い出せなくて
今ここに何が足りないのか
わかってない わかっちゃいない

髪を少し短くした

みんな知らぬ間に時を過ごしてるのかなあ
思い描いたとおり? だったかなあ
また夏の感じがしました
明日も晴れだったなら会いに行こうかなあ
会いに行こうかなあ
風のせいかなあ