LIVE REPORT

清春 ライヴレポート

清春 ライヴレポート

【清春 ライヴレポート】 『東京・大阪ホール公演 『Covers』』 2019年8月13日 at メルパルクホール東京

2019年08月13日@

撮影:柏田芳敬/取材:帆苅智之

2019.08.19

公演名からすればアルバム『Covers』の所謂レコ発ツアーになるはずだった今回のショートサーキット。ファンならばご存知の通り、当初初夏に発表予定だったアルバムが発売延期となり、本公演はそのツアータイトルだけが残ったかたちだ。“どうするんだろう”と期待半分で臨んだのだが、『Covers』収録11曲のうち、披露されたのは3曲(厳密に言えばオープニングSEで「アザミ嬢のララバイ」のバックトラックを使っていたようなので、3.5曲といったところか)。全曲とは言わないまでも、もう2~3曲演奏しても良かったのでは...と個人的に思いはしたが、おそらくそこに“安易な妥協は許さない”という清春の信条があったことは想像するに難くない。

アルバム『Covers』収録曲中心のライヴではなくなったとはいえ、そこはデビューして25年間、ソロになってからでも15年間のキャリアを誇るシンガーであるからして、その内容がチグハグになることは絶対にない。清春のコンサートは基本的に清春が自身の歌声、ヴォイスパフォーマンスを見せつけるもの。極端な話、ステージの中心で清春が歌えばそれでいいし、それ以外の何物でもないのだ。中盤の「シャレード」から「影絵」辺りを聴きながら、そんなことを思った。その歌唱力、表現力は圧倒的で、いい意味で安心して見てられるのだ。しかも、だからと言って、弛緩した空気は一切なく、キリキリとするような緊張感は持続していく。自作のメロディーやバンドサウンドの妙で攻めるアーティストがほとんどの中、歌声の説得力で迫る清春は今やロックシーンでは稀有な存在と言えるのかもしれないし、ある意味で孤立しているのかもしれないが、だとしたら、それこそが清春らしい。

3曲しか披露されなかったとは言っても、『Covers』収録曲も良かった。「悲しみジョニー」も「SAKURA」もアルバムのリリースを期待させるに十分な熱演であったことは間違いないが、特にアンコールでの「傘がない」に清春の核心を見た想いだ。井上陽水のオリジナルとは明らかに異なるニュアンスで、哲学的とも言われる歌詞に新たな解釈を加えているような印象があり、この日のハイライトのひとつと言っても過言ではなかろう。

ステージ上では清春の歌が中心とは言っても、この日のバンドメンバーを軽んじているわけではない。中村佳嗣(Gu)、大橋英之(Gu)、YUTARO(Ba)、FUYU(Dr)による演奏も、すこぶる良かったことも付け加えておきたい。卓越した技術をひけらかすことなく、歌を支えるグルーブをある種、淡々と(黙々と...と言い換えてもいい)作り上げる様子は職人技と言っていいものだったと思う。

撮影:柏田芳敬/取材:帆苅智之

清春

キヨハル:1994年、黒夢のヴォーカリストとしてメジャーデビュー。そのカリスマ性とメッセージ色の強い楽曲で人気絶頂の最中、1999年に突然無期限の活動休止を発表。同年、Sadsを結成。03年にはDVDシングル『オーロラ』でソロデビュー。そして、近年はライフワークともなった『MONTHLY PLUGLESS KIYOHARU LIVIN’ IN Mt.RAINIER HALL』という驚異的な公演数を誇るシリーズライヴを展開し、17年には“エレジー”と銘打った66公演はアコースティックという概念を大胆に覆すダークかつシアトリカルなパフォーマンスで演じ観客を魅了した。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 4

    4. 罪滅ぼし野ばら

  2. 13

    <ENCORE1>

  3. 18

    <ENCORE2>

  4. 20

    2. heavenly

  5. 21

    3. ミザリー

関連ライブレポート