LIVE REPORT

BIGMAMA ライヴレポート ライブレポート

BIGMAMA ライヴレポート

【BIGMAMA ライヴレポート】 『TRANSIT MAMA TOUR 2018』 2018年5月13日 at Zepp Tokyo

2018年05月13日@Zepp Tokyo

撮影:高田 梓/取材:フジジュン

2018.05.18

BIGMAMAが5月13日(日)に東京・Zepp Tokyoにて、全国ツアー『TRANSIT MAMA TOUR 2018』のファイナル公演を開催した。インディーズで十分すぎる実績を残し、今年メジャーへ移籍した彼ら。“TRANSIT=乗り継ぎ”の意味もありながら、毎年恒例の“母の日”ライヴでもあるこの日。これまでの軌跡を振り返りつつ、今後への期待を抱かせるアクトとなった。

大きなカーネーションの花束が飾られたステージに登場した5人。柿沼広也(Gu&Vo)の鳴らすギターに音が重なり、「Theater of Mind」で激しくライヴがスタートすると、ファンの手拍子と掛け声で会場の熱が急上昇する。

「虹を食べたアイリス」「テレーゼのため息」と続くレア曲からアップテンポな曲が続き、そのままの勢いで一気に駆け抜けた前半戦。重厚なサウンドに東出真緒(Violin)のスリリングなバイオリンが重なる「Perfect Gray」、「Gum Eraser」~「Overture」と続くパンクナンバー、ダイナミックな演奏と金井政人(Vo&Gu)の表現力豊かなヴォーカルで魅せた「Merry-Go-Round」といった多彩な楽曲に、バンドの奥深さと独創性を改めて感じさせる。

昨年10月の初武道館で披露しなかった過去楽曲たちに加え、未発表の新曲も披露したこの日。“TRANSIT=乗り継ぎ”のタイトルに相応しい、バンドの過去~未来を繋ぐセットリストが、現在のBIGMAMAの勢いや充実ぶりとこれからへの期待を大いに煽る。

切なさを帯びた真っ直ぐなロックナンバーである未発表の新曲で始まり、ライヴ定番曲が並んだ後半戦は「POPCORN STAR」「Donuts killed Bradford」と、最新シングル収録曲がフックとなって会場を沸かせ、金井の咆哮に観客が共鳴した「ファビュラ・フィビュラ」、カオティックな雰囲気の「荒狂曲“シンセカイ”」と続き、最高潮の盛り上がりを見せるフロアー。そこからさらなる盛り上がりを生んだのが最新曲「Strawberry Feels」だったことも、現在の勢いを証明していた。

撮影:高田 梓/取材:フジジュン

BIGMAMA

ビッグママ:2002年結成。メンバーチェンジを経て07年、現体制となる。数々のフェスに出演し、自身のツアーでは軒並みソールドアウトが続出。全作詞を手掛ける金井政人のリアルな言葉と、その独特でユーモラスな世界観で多くのファンから絶大な支持を得ている。

関連ライブレポート

twitter Facebok