×

アサノチャンジ作曲の歌詞一覧リスト  23曲中 1-23曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
23曲中 1-23曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
NavySHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ風に漂って行こうぜ Navy  遠ざかって行った 理由もなく歩く僕ら リアルな夢みたいな 自由で退屈な今日が  終わらないように  今すぐ行こうぜ Navy 待ち受けるどんな夜も 見渡せばあれが宝物だって 消え去っていく 瞬いていく  海が近いどっか 誰もが帰らない今夜 波が刻んでいる リズムが心地よくて  もう少しこうしていようぜ  サイレンの音で踊って シーラカンスと泳ぐよ 朝焼けにハイタッチして眠ろう  今すぐ行こうぜ Navy 待ち望むどんな夜も どうか Navy このまま僕に明日を  見渡せば夜空 形をなぞって 消え去っていく 踏み出せば僕らも大人になって 瞬いていく
ActorSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ響く響く 歪むノイズ 鮮やかに見えた景色 目を閉じるたびに襲う 逃げ場のない悪夢  腕を引かれるままに踊り 無茶苦茶に刻むリズム もがく程に纏わりついて 抜け出せない  最初から解ってる 主役になれないコト 無様にお道化る 僕を笑ってくれよ  何が見えている? 晴レの舞台で 冷たい歓声を身に纏って 逆さまだね 僕らは虚構の中にいる  気付く度に見えるリアル 満たすためにつくり笑い 迫る音に怯えていた 答えのないパズル  響く響く歪むノイズ 鮮やかに見えた景色 もがく程にまとわりついて 抜け出せない  LOVE ME LOVE ME LOVE ME ANYWAY GIVE ME GIVE ME GIVE ME ANYTHING WANNA BE WANNA BE WANNABE SOMETHING TEL ME TEL ME TEL ME THEORY  天井を見上げている セカイは簡単に翻った あからさまだね 僕らは虚構の中にいる  最初から解ってる 主役になれないコト 無様にお道化る 僕を笑っていろよ  何が見えている? 晴レの舞台で やまない歓声を身に纏って 僕が望んだ セカイの全部 すべての照明が重なった  あなたみたいに 強く優しく なれるかな 天井を見上げていた 舞台は歓声に包まれて 嘘みたいだね 僕らは夢の中にいる
ボイジャーSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ空に浮かべた 衛星軌道を目指して 空想ロケットに乗って  言葉や態度では証明できないような 難題があるだろう  一度の間違いで台無しになってしまった 記憶もあるだろう  これでいい 寂しい夜も 苦しい日々も 乗せていくよ  止められない 戻れない 届かないかもしれない それでも僕らは躊躇い 煌めき まだ見たことない星の彼方へ  冷静でいられないなら 眠れなくてしょうがないなら どうかしていていいから ジタバタしていいから 風の向くまま 飛べ  窓の外を眺めていた もうじきべテルギウス Hello Future, Good night Teen-ager 僕たちを乗せて  止まらない 戻れない 届かないかもしれない それでも僕らは戸惑い 煌めき まだ見たことない星の彼方へ  Hello, Tonight
フラクタルSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジうなだれている 受け止めている 作り笑いも 上手になった 会いたい会えない  バラバラだってちぐはぐだって どうでもよくて、それでよかった  駆け抜けたイメージは なんでもない思い出ばかり  僕らは  曖昧で 愛されていたいだけ 瞬間が奪ってしまうよ 単調で生温かい日々 ちっぽけだ僕は  今だって確かめている 強がったって飲めないビール  笑われたって怒らせたって どうでもよくて、それじゃダメなんだ  駆け抜けたイメージは なんでもない思い出ばかり もう二度と戻らない 目眩く季節がどれも同じだったあの日 僕らは巡り合ってしまう  曖昧で 愛されていたいだけ 瞬間が奪ってしまうよ 単調で生温かい日々 永遠に思えていたんだ  幻想は鮮やかで色濃い 現実とフラクタルのよう 単純に今 会いたいキミに
NovalisSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ朝が来てしまう前に ふと窓の外を覗いてみても まだ夢のようだった もう少し 眠っていたかった  迎えが来る頃 僕は 消えてしまうかもしれない  世界が反転する2秒前 僕は未だ何にも気づけずにいたんだ 空間が歪められ 星たちは もう二度と還らない 都市が沈んでいく景色さえ 美しい 映画のワンシーンみたいだ 再生するこの街で 僕達は 何色に染まっていくのか  100年前から僕はずっと 君の帰りを待つ 意味が無いと分かっていても また幻にすがる  答えは君の中に確かに沈んでいた 命を燃やしている 僕らは未だ生きている  世界が終わる1秒前 僕らは身を寄せ合う 後悔する時間さえ ないままその時を待つ  意識を完全に失う前 僕を呼ぶ その声は何処にいるんだ 瞬間が引き延ばされ この時が永遠に思えた 時が奪っていくものすべて 愛おしい すべては繋がっていたんだ  再生するこの街で 僕達は 何色に染まっていくのか  朝が来てしまう前に ふと窓の外を覗いてみても まだ夢のようだった もう少し 眠っていたかった
inVisibleSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジI get it, something just like medicine I was deep in thought all night Everything's like enemy  What a senseless waste of memory It seems close and far away I'm looking for what I lost 眠れないから  Tonight, Should I  There is something still I'm scared of... I need some like medicine Do i lost myself again  It is what it is im stupid Everything its alright Our time is over  What you seek, you tell me that I'm understanding and make me bad Suddunly I failed in life Place of memories Bring me back Fair enough  Anything you never mind Anything you never lie And you always warm me up  Anything you never told Anything you never hurt And you always take me out I just try to be myself  Tonight, Should I  What you seek, you tell me that I'm understanding and make me sad Suddunly I failed in life Place of memories bring me back  Get out, get out she is like nightmare Get out, get out you never mind Get out, get out I have to find myself Get out, get out  Tonight
ハイファイナイトSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジハイファイな君にランデブー 豆腐メンタル 目の前で起きている 今生の夜見据えてる 透けて見える Evrybody say世迷言  英才教育受けてる 擦れたマダム 会うたびに喰らっている ハッタリに日々怯えてる 止めないでよおままごと  大都会のジャングル 人ごみに同化して 身体で感じたいよな いまだ歌っていたいよな 何千回も試したんだ 心までフォーマット 言葉で伝えたいよな 通じ合っていたいよな ハイファイナイト!!!  大したことじゃない 君のこと忘れない 今日はしかたない 涙すら出てこないな  明日が来ちゃうから 毛布に包まって 夢を見ていたいよな 愛されてみたいよな 安全圏で叫んだんだ そう人生ノーカット 成し遂げてみたいよな 苦しくて痛いよなベイベー!!!  当たり前のことすら 今では満足に出来てない  大都会のジャングル 人並みに振舞って 身体で感じたいよな いまだ歌っていたいよな 全身全霊コンバット 心までフォーマット 戦いたくないよな 通じ合っていたいよな  どうかなってしまいそうな毎日だ 今日も笑って どうかなってしまいそうな毎日だ 今日も歌って  ハイファイな君にランデブー 豆腐メンタル 目の前で起きている 今生の夜見据えてる 透けて見える Evrybody say世迷言
シグナルSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジもう誰の言葉も 何も聞こえないまま 息を潜めてる 眠れない夜に どうしても思い出すのは キミとの約束  陽だまり 溶けたアイスと 僕らはふたり あの日に描いたイマ キミもどこかで  突き抜ける風 イメージは幻じゃない 馴れた街 憧れに サヨナラだ  僕は今でも どこにも行かないまま あの頃 見つめてる  ふたりきり 残ったジュースと 夕方の雨 並んで眺めていた 理由もないけど 手を振り見送る 照れくさいバイバイ あの日に見た夢とイマが重なり  突き抜ける風 イメージは幻じゃない 馴れた街 思い出す 君の面影 降りやむ雨 流れて また探せばいい くだらない日々 そのすべてに サヨナラだ
NocturneSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ眩しい光にさらわれる前に 僕らはそれぞれ また歩き出すのさ  また何もない 更新されないタイムライン 今日も眠れない 到底解り合うことの無い僕ら  瞬く合間に侵されてしまう どこまでも深い碧の下で憂う おやすみ サヨナラ 君の頬に触れたい でも叶わない この手じゃ  ずっと色褪せない 口ずさんでくれたメロディ どうか消えないで 夜が明けるにはまだ早い  誰も気にも留めない 小さな奇跡が 前触れもなく 静かに近づいている 見上げた夜空を オーロラが彩る 切り開いて見せてよトラベラー  瞬く合間に侵されてしまう どこまでも深い碧の下で憂う おやすみ サヨナラ 君の頬に触れたい でも叶わない  眩しい光にさらわれる前に 僕らはそれぞれ また歩き出すのさ  またはじめから 空白だらけのタイムライン
逆夢SHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジぼやけた視界に キミは現れた たいていのコトには 慣れていたつもりだった 寝ぼけて掴んだ その手が温かかった 揺れていた日曜日 僕の自由は奪われた  ふとした景色に見とれていた 「どれがほんとかワカルカナ?」 冷めたコーヒーを飲みこんだ 今更いくところもないから  最後に残していた一言が キミにあげたら 終わりじゃないよな うるさくて冷たいまま 戻れない  たいていのコトには 慣れていたつもりだった 触れていた月曜日 全部どうでもよくなったんだ  最後に残していた一言が キミに、どうしても 言えなくて、サヨナラ 何とか言えたらその時は 僕の一言 待っていてね
死亡遊戯SHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ甘ったるい風が頬を撫でる 煩わしい 子供騙しのギミックじゃもう 踊れないな 厚く塗りたくったメッキは今 剥がれている 何回フラッシュバックしたってそれは おかまいなしなんだ  アイツもコイツもなんとなく 昨日とは違うみたいだ  カラフルなノイズに溺れてしまった 眠くなって委ねている バラバラのダンスが物語みたいに 解けていく 壊れていく  目を覚ます 頭は重くて痛いな 最後は全然覚えてないな  (△川も×藤も○田もどいつも 嫌い嫌い嫌い嫌いキライ)  悲しくて 痛くて 辛くて 見えない 心の鳴く声 いーち にー 秋刀魚のしっぽ ゴリラの肋骨  空っぽのバケツに 奇劇を叫んで 吐き出している 満たされていく カラフルなノイズに溺れてしまった 眠くなって委ねている  oh!!!!! ただのハッタリじゃ アイツは騙せない oh!!!!! 溺れてしまえば 何一つ恐くないな
アイウォンチューSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジThe beat up sneakers, Snapping cable I'm looking for another one A missing clock, Half empty glass 君がここに残したモノ  I want you, I need you, I'm nothing without you but I have to say goodbye baby 感情が先行して溢れだした それは言葉じゃなくて 見上げれば また夜が明ける  Before the morning, There isn't brightness “Winter” comming from the radio I knew that I could've done it better What I can say, there is not anymore  I want you, I need you, I'm nothing without you but I have to say goodbye baby 感情が先行して溢れだした それは言葉じゃなくて 見上げれば また夜が明ける  踏み越えちゃいけない境界線は 鮮明で だけど曖昧だ 正解のない世界線で 僕は何を歌えているのかな  I want you, I miss you, I'd give you what you want if you came back Goodbye it's over 感情が先行して溢れている それは言葉じゃなくて  I want you, I need you, I'm nothing without you but I have to say goodbye baby 瞬間が反射して弾け飛んだ それは答えじゃなくて 見上げれば また夜が明ける
ErrorSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ一から十まで説明しないでね 貴方の想像通りにしないから ご機嫌どうだい?  スレスレで滑り込んだ 異物は少しずつ消化 勝ち残った人類なんて 宣伝文句はバグっている どこをどうやって切り取って オレって人間を評価している? 生き残ったバカばっか 下らない時代 期待 したい イタイ  とんだ勘違いさ 自惚れんな 溺れてんだ 液晶越しに何言ったって 変わらない 変えられない そうか 気付いちまった オレ自身がイレギュラーだ そんなんはどうだっていいが 救われない 報われない  黙っている方がまだかわいいから 最早そういう問題でもないけど  貴方がわたしに何を喚こうが いつまでだってそれは響かないさ  どうせ到底 たどり着けはしないけど 一度渡ってみる 幸か不幸かどうか ソイツはオレが決めてやろうじゃないか  どうか期待しないで 壊している 造り替える 善人なんて探したって 見つからない 何処にもない そうか 気付いちまった オレ自身がイレギュラーだ 変わりたい 捕まりたい 救われたい  ワラっている Errorはオレだった オレがそうだった クルっている Errorはオレだった オレがそうなんだ
サナギSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ何度も夢に見る 空の模様を 僕の背中には 羽がないのに 雫が零れる 木の葉の裏で 長い夜が明けるのを ただ待ってる  鮮やかに咲いてる 花と自分を 比べたって何にも 意味がないけど 色に溶け込み 気づいてないふり どうしたって見えないのは光  どこにも行けないはずの僕らが いつかは飛べると 期待しちゃうんだ 朝になり 日が射し 花が咲いたら 僕らはそれぞれ 違う色になる このまま  空から降り注ぐ 水の隕石に 当たったらそれだけで 溺れちゃうから 木の幹を登り いつしかサナギ たしかにそこにあるのは光  いつまでも変わらないモノはないとか 解ってはいるけど 怖くなるんだ 氷が溶ける頃 花が咲いたら 僕らはそれぞれ 違う色になる  薄暗くて眠れない夜 あの日も間違ってはいなかった  どこにも行けないはずの僕らが 今なら少しだけ 分かる気がしてる 描いたミライとはまだ 違っても そこからどこへでも行けるはずさ  どうやらまだ 北風はやまないから まだ包まっていたいけど この殻を突き破ってみる 僕らはまだ 感覚を掴めないまま 必死になって今ただ この羽をバタつかせてる 必死になって
ironySHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ蒸れた車内 窓を開けてよ 話すことは いつもとおなじ 相変わらず くだらないよな  古い地図はアテにならない 君のナビも頼りないけど そんなことどうでもいいな  安いフィルムじゃ色あせるかも 夕焼けの色  僕たちの青春アイロニー 夏の影は揺らめいて消えちゃいそう 君にレンズのフォーカスあてた 忘れたくはないから  たくさん荷物を持ってきても 使うものはそんなにないや 辺りをよく見渡してみたら 要るものはそんなにないな  このまま僕らどこに行くのか 決めたくないな  僕たちの青春アイロニー 線香花火みたい 瞬いて 君にレンズのフォーカスあてた 忘れたくはないから  このまま僕らどこに行くのか 決めたくないな  僕たちの青春アイロニー 朝焼けは揺らめいて消えちゃいそう 君にレンズのフォーカスあてた 忘れたくはないから  話すことは いつもとおなじ 相変わらず くだらないよな 安いフィルム 色あせるけど  レンズのフォーカスあてた 忘れたくはないから
バーンアウトSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ伸ばしたこの腕がボロボロになっても 目指したステージがあまりに遠くても 繋げたその手を離しはしないから うずくまっている 君はいつまで聞こえないフリをしている?  開け放ったパンドラ 気づいたら誰も居なかった 微かな足跡の向こうには何があるのか?  ずっと纏わり付いてくる それが幻だろうが 追いかけていなくちゃ  何度見失っても必ず捜すから 記憶がなくても身体が覚えている 暗くても怖くてもまたそこを照らすから 光は差している 目を背けないで  逃げ出す理由を数えたらキリがないのさ 辿った足跡の先には何もなかった  まとまらない伝わらない言葉 展開は想像と裏腹 何のために僕は祈っている なんでもない他愛のない会話 くだらないことで笑う顔が どうしようもなく愛しいんだ  暗くても怖くてもまたそこを照らすから 偽物の夜空(そら)に光が射している 何度見失っても必ず捜すから そこで待っていて 君はいつまで聞こえないフリをしている?  伸ばしたこの腕がボロボロになっても 目指したステージがあまりに遠くても 繋げたその手を離しはしないから 理由はなくていい 目を離さないで
OverrideSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジガラスの向こうが 青く染まっている 夜明けの魔法が溶け出しちゃいそうだ  このまま二人で夜を明かしたら 何時の間にか朝 目が覚めて君は シケた煙草に火をつける 物語の続きは此処にはないから  通り雨が過ぎた 回想列車で 浮かぶ景色は どれも色褪せていた 書き溜めたダイアログも次のページで 夢みたいに消えちゃうのかな  二人で集めたモノ ひとつ片す度に 大事に思えていたモノが遠のいてく  このまま二人で夜を明かしても その言葉の意味に気付かないでしょう? 愛想笑いが上手くなる 物語の続きは此処にはないから  アナログの秒針の音が 無機質に響いていた  夜の風が 連れ去ってしまう 君の心を  僕を置いてく  響く足音 反射で背筋が伸びる いつもと同じ 噴水前で落ち合う  巻き戻せない映像がダブっても 話す言葉と 表情は 馴染まない このまま二人で夜を明かしたら 何時の間にか朝 目が覚めて君は ちぐはぐだけど それでいい 物語の続きは其処にはないから
ヒューマノイドSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ想像した理想郷が簡単に崩れ去った 描きかけの風景画 其処には誰もいない  君だけが知っていた 人間になれない僕ら 感情を押さえ込んだ 人形にさせないで  誰が待てと言った? 何を恐れている? そんな目で見ないで  逆さまだった憧憬が 煙みたいに蠢いている 掠れた声で叫んだ 僕はまだ息をしている 君がいるだけで  応答のない信号が 呆然と彷徨っていた 感触のない日常が 心臓まで染み込んだ 感情を持て余した 一人にしないで  信じてもいいよね バラバラな点と線が 縫い合わさって僕を創った 掠れた声で叫んだ 僕はまだ息をしている 忘れないために
SHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ此処に立っているのは 失いたくはないから 間違いだって言うなら この檻から出してくれよ 今すぐ  耐久戦の最果て 想像力を失ったんだ 太陽系の均衡が狂ったみたいだ  頭の中はだんだん白けていく 先は全然見えないまま そこに正解はないかもね  またしても  単純で不細工な仕掛けに惑わされている 勝ち目なんてないと分かってたはずなのにな エンディングがバッドだとしても 憧れてしまう 希望の灯りはまだ絶やさないで  耐久戦の最果て 想像力を失ったんだ 先天性の衝動が悪化したみたいだ  此処に立っているのは 忘れたくはないから 間違いだって言うなら 思い出させてくれよ  微かに覚えている 君の笑うその仕草を 明日には忘れてる くれた花も僕の名前も  夕日が沈めば家に帰るから  黒にだんだん染まっていく 未来は全然見えないまま そこに正解はないかもね  いつまでも  単調で救えないドラマに踊らされている 見せ場なんてないと分かってたはずなのにな エンディングがバッドだとしても 憧れてしまう 希望の灯りはまだ絶やさないで  耐久戦の最果て 想像力を失ったんだ 太陽系の均衡は狂ったみたいだ
依然、暗がりSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ隠したってダラダラ漏れる本性 触れてしまったら たちまち崩れちゃいそうだ  馬鹿みたいだ I don't care  愉悦感に浸る 心はまだ伽藍洞 つけっぱなしのTVに映る残像  想像が♭して 透明に染まっていく 脳内をめぐっている 本当の言葉  僕らは不確かで未熟な愛に毒されていて 夜になって目を覚ました なんだって出来る気がしたんだ ファンタジア 迎えの舟はすぐそこさ 朝になって目を閉ざした こんな自分が嫌いだ  馬鹿みたいだ  うずくまれば いくらかマシな症状 大したことない いつもの被害妄想  表情に出ちゃっている 心臓が唸っている 体内を伝っている 本当のことは  僕らは不確かで未熟な愛に毒されていて 夜になって目を覚ました なんだって出来る気がしたんだ ファンタジア 迎えの舟はすぐそこさ 朝になって目を閉ざした こんな自分が嫌いだ  また ふらふら流れに任せて まだ だらだらあたりを漂っていたい
かまうなSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ誰も怒らない 右に倣えば そんなの何も 面白くないのさ  意味はなくていい ひとつ数えたら あれもこれも うまい具合に良く馴染んでいる  長く続かない なにもかもは それでいいのさ 知らん いらん 違う 嫌い 好き  年をとっても変わらない 食後にフラッペ食べたい  そんなんじゃ誰も聞いちゃいないよ 大声で叫ぼうぜ もったいぶってないでさ  意味はなくていい ふたつ数えたら 君も僕も うまい具合に良く馴染んでいる  長く続かない なにもかもは それでいいのさ 知らん いらん 違う 嫌いじゃない 暗い顔してないで走ろうぜ
ラストトリップSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ本当は気づいていた 眠ってる君の正体を レーダーに並んでいる 舟の行方を眺めてる  僕だけの秘密を 丸めて 隠してる 何も届かない胸の真ん中の奥のほう  relight daydream ずっと待っていた風の合図を i'm not crazy どんな言葉も此処じゃ響かない remember me たった一人の味方 君だけが i was dreaming きっと僕らは飛べるはず そんな気がしてる  順番を待っている 何処に行くのか知らぬまま 管制塔に届いたのは断片的な君の声  砂漠の真ん中で 暗い部屋の隅で いつも同じ夢を見る 嵐が去った後 今残っているモノ それだけで十分だろう  relight daydream ずっと待っていた風の合図を i'm not crazy どんな言葉も此処じゃ響かない remember me たった一人の味方 僕だけは i was dreaming 今夜僕らは飛べる 何処へでも  relight daydream だって僕らは今まだ孤独だから  本当は気づいていた 眠ってる君の正体を
ghostSHIFT_CONTROLSHIFT_CONTROLアサノチャンジアサノチャンジ飛べないくせに両手を広げてみた 僕の居場所は此処じゃないと気付いていた  救われていた その表情に 逆らっていた いつもそうだ 期待しないで  沈んでいく 今日がもう終わってしまうよ  気のせいでした 愛されている 溺れていた いつもみたいに  どんな容れ物でも満たせない 言葉だけじゃ語れない 2度ともうこの手が 君に触れないと知っていた 簡単じゃないよね  貴方が描いた世界は 目が眩むほど綺麗で 其処に私はいなくて 気付かないふりしていた  嘘を 重ねて 独りにも慣れた 刺した光が 僕には まぶしい 優しくしないで 嘘でもいいから  描き続けて 手を止めないで 僕に夢を 見せてはくれないか  空を見れば 星が落ちていた 僕は此処さ 見つけてくれないか  沈んでいく 今日がもう終わってしまうよ  いつも強がってしまう 僕らはもう互い違い 確かなことひとつそれは もう泣かなくていい  貴方が描いた世界は 目が眩むほど綺麗で 其処にあったはずの答えは いつしか変わってしまった 交わしたこの約束は 綺麗なまま とっておくんだ 貴方が描いた世界だ 今更何も失いたくないから  沈んでいく
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Start Over
  2. Tot Musica
  3. 卒業写真
  4. 新時代
  5. ウタカタララバイ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. ELEVEN -Japanese ver.-
  3. あなたに捧ぐ33のこと
  4. Wish
  5. 445

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照