あすか美生の歌詞一覧リスト  3曲中 1-3曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
3曲中 1-3曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
いのちのことばぬくもりは いのちのことば 抱きしめた 自分をそっと 朝焼けが とてもきれいね 大切に 今日も生きよう  小さな人生の 悲しみはなんて深く だけどその中にこそ 光があったの  愛しい人よ 出会ってくれて ありがとうが あふれてくるの 心でしか 見えないものを 愛をこめて 紡いでいこう  ときめきは いのちのことば 目を閉じて あなたを思う 生きている ただそれだけで うれしくて 明日を祈る  心に寄り添えば 孤独でもひとりじゃない だから優しくなれる やっとわかったの  愛しい日々よ 想い一つで 見えなかった 扉が開く 手渡すように 歌い続けて 愛で綴る いのちのことば  いつか風になるのなら 涙を癒す静かな風に いつか雨になるのなら 痛みを包む優しい雨に  愛しい日々よ 想い一つで 見えなかった 扉が開く 手渡すように 歌い続けて 愛で綴る いのちのことばあすか美生吉元由美安部純安部純ぬくもりは いのちのことば 抱きしめた 自分をそっと 朝焼けが とてもきれいね 大切に 今日も生きよう  小さな人生の 悲しみはなんて深く だけどその中にこそ 光があったの  愛しい人よ 出会ってくれて ありがとうが あふれてくるの 心でしか 見えないものを 愛をこめて 紡いでいこう  ときめきは いのちのことば 目を閉じて あなたを思う 生きている ただそれだけで うれしくて 明日を祈る  心に寄り添えば 孤独でもひとりじゃない だから優しくなれる やっとわかったの  愛しい日々よ 想い一つで 見えなかった 扉が開く 手渡すように 歌い続けて 愛で綴る いのちのことば  いつか風になるのなら 涙を癒す静かな風に いつか雨になるのなら 痛みを包む優しい雨に  愛しい日々よ 想い一つで 見えなかった 扉が開く 手渡すように 歌い続けて 愛で綴る いのちのことば
花のように鳥のようにそこにあるから 追いかけて 行けば はかない 逃げ水の それが しあわせ あるよでなくて だけど 夢見る 願(がん)かける 花のように 鳥のように 世の中に 生まれたら いちずに あるがままの生き方が しあわせに近い  指の間を さらさらと いつの間にやら こぼれ落ち 拾い集めた 欠片を見つめ 恋の終わりを 知らされる 花のように 鳥のように 晴れの日も 風の日も 人生 そんなふうに思えたら しあわせに近い  誰が わたしを 捨てるでしょう いつも こんなに 一筋に こころ捧げて なさけをかけて 愛をいっぱい あげたのに 花のように 鳥のように 限りある一生を 信じて 生きることが 何よりも しあわせに近い  ラララ… ラララ… ラララララ…… あるがままの生き方が しあわせに近いあすか美生阿久悠杉本眞人安部純そこにあるから 追いかけて 行けば はかない 逃げ水の それが しあわせ あるよでなくて だけど 夢見る 願(がん)かける 花のように 鳥のように 世の中に 生まれたら いちずに あるがままの生き方が しあわせに近い  指の間を さらさらと いつの間にやら こぼれ落ち 拾い集めた 欠片を見つめ 恋の終わりを 知らされる 花のように 鳥のように 晴れの日も 風の日も 人生 そんなふうに思えたら しあわせに近い  誰が わたしを 捨てるでしょう いつも こんなに 一筋に こころ捧げて なさけをかけて 愛をいっぱい あげたのに 花のように 鳥のように 限りある一生を 信じて 生きることが 何よりも しあわせに近い  ラララ… ラララ… ラララララ…… あるがままの生き方が しあわせに近い
林檎硝子に張りつく あの三日月で 心をふたつに 切り裂けば ひとつはあなたに 抱かれたままで ひとつはあなたを 憎んだままで かごめ かごめ かごめ 籠から逃げた 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩に  逢えない人なら 死んだと同じ メールの絵文字が 形見なら ひとりで通夜でも してみましょうか ひとりでこの乳房(むね) さすってみよか かごめ かごめ かごめ 籠から逃げた 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩に  この世のむこうの また次ぎの世も 愛の国など きっとない 昨日は霞を 食べてただけか 明日は陽炎 みるだけなのか かごめ かごめ かごめ 籠から逃げた 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩に 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩にあすか美生荒木とよひさ近江たかひこ安部純硝子に張りつく あの三日月で 心をふたつに 切り裂けば ひとつはあなたに 抱かれたままで ひとつはあなたを 憎んだままで かごめ かごめ かごめ 籠から逃げた 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩に  逢えない人なら 死んだと同じ メールの絵文字が 形見なら ひとりで通夜でも してみましょうか ひとりでこの乳房(むね) さすってみよか かごめ かごめ かごめ 籠から逃げた 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩に  この世のむこうの また次ぎの世も 愛の国など きっとない 昨日は霞を 食べてただけか 明日は陽炎 みるだけなのか かごめ かごめ かごめ 籠から逃げた 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩に 林檎(りんご)ひとつ残して 夜明けの晩に
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. KICK BACK
  2. 錠剤
  3. まぶしい夏
  4. Subtitle
  5. ちゅ、多様性。

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Blue Moon
  2. Stardom
  3. ギターと孤独と蒼い惑星
  4. ないしょのプレゼントフォーユー!
  5. ひたむき

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照