ササキオサムの歌詞一覧リスト  12曲中 1-12曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
12曲中 1-12曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アストロノート通りで誰かが陽気に歌ってる なんだろこの曲 思い出せないけど なんだか ついほろっと来ちゃた感じさ そう言えば長いこと 忘れてた気がするよ 無邪気に何かに憧れること 例えばそうさ 「宇宙飛行士ってカッコいいなあ」  any time at all 僕はすっとんでくよ like a astronaut どこにいたって 味方なのさ like a astronaut 今からだって遅くはない 鉄は熱いうちに打て Let's go  2ブロック先のたいやき屋 張り紙 なんの人だかり? 給料未払いとかストライキとか 要は活動休止中 あんなに人気だったのに残念 意外だな 軒下でネコが我関せずと あくびを決め込んでる でもダイタイに でもタイガイに でもゲンジツは キビシくて ダイタイに でもタイガイに でもダイタンに イキテみたい  any time at all 僕はすっとんでくよ like a astronaut どこにいたって いつも繋がってるよ don't worry baby 地球の裏 火星の向こうでも 呼び出して すぐに駆けつけるよ  夢ばかり見てて シニカル気取りの あの頃はとても 些細なことで急に熱くなったり冷めたり忙しくて でもダイタイに でもタイガイに でも君みたいには なれなくて ダイタイに でもタイガイに でもヘイボンじゃ 終わりたくない  any time at all 君はぶっ飛んでるよ いい意味で どこにいたって 君は君さ she's so beautiful 顔上げて らしく歩いて行こうね 君の笑顔に 世界はひざまずく  いつでも 心は 晴れやかでいたいのに いいとこで 決まって水をぶっかけられる そいつを誰かのせいにするのは easy  any time at all 僕はすっとんでくよ like a astronaut どこにいたって味方なのさ like a astronaut 今からだって遅くはない 鉄は熱いうちに打て Let's go  tututu turutu…  誰かの優しさが不意に染みて来たんだ 君の言葉が胸をわしづかみにした すくむ足はしなやかに屈伸させて 心のままに 欲するままに ジャンプ 覚悟なんか決めなくていいんだぜ baby 答えなど求めなくていいんだぜ baby 求められて 求められなくても baby 続けて行こうよ 僕らの ストーリー  通りで歌ってる ミスター・アストロノート ありがとう さらば ミスター・アストロノート 笑顔で手を振るよ ミスター・アストロノート いつかまた路上で 会えたらいいなササキオサムササキオサムササキオサム通りで誰かが陽気に歌ってる なんだろこの曲 思い出せないけど なんだか ついほろっと来ちゃた感じさ そう言えば長いこと 忘れてた気がするよ 無邪気に何かに憧れること 例えばそうさ 「宇宙飛行士ってカッコいいなあ」  any time at all 僕はすっとんでくよ like a astronaut どこにいたって 味方なのさ like a astronaut 今からだって遅くはない 鉄は熱いうちに打て Let's go  2ブロック先のたいやき屋 張り紙 なんの人だかり? 給料未払いとかストライキとか 要は活動休止中 あんなに人気だったのに残念 意外だな 軒下でネコが我関せずと あくびを決め込んでる でもダイタイに でもタイガイに でもゲンジツは キビシくて ダイタイに でもタイガイに でもダイタンに イキテみたい  any time at all 僕はすっとんでくよ like a astronaut どこにいたって いつも繋がってるよ don't worry baby 地球の裏 火星の向こうでも 呼び出して すぐに駆けつけるよ  夢ばかり見てて シニカル気取りの あの頃はとても 些細なことで急に熱くなったり冷めたり忙しくて でもダイタイに でもタイガイに でも君みたいには なれなくて ダイタイに でもタイガイに でもヘイボンじゃ 終わりたくない  any time at all 君はぶっ飛んでるよ いい意味で どこにいたって 君は君さ she's so beautiful 顔上げて らしく歩いて行こうね 君の笑顔に 世界はひざまずく  いつでも 心は 晴れやかでいたいのに いいとこで 決まって水をぶっかけられる そいつを誰かのせいにするのは easy  any time at all 僕はすっとんでくよ like a astronaut どこにいたって味方なのさ like a astronaut 今からだって遅くはない 鉄は熱いうちに打て Let's go  tututu turutu…  誰かの優しさが不意に染みて来たんだ 君の言葉が胸をわしづかみにした すくむ足はしなやかに屈伸させて 心のままに 欲するままに ジャンプ 覚悟なんか決めなくていいんだぜ baby 答えなど求めなくていいんだぜ baby 求められて 求められなくても baby 続けて行こうよ 僕らの ストーリー  通りで歌ってる ミスター・アストロノート ありがとう さらば ミスター・アストロノート 笑顔で手を振るよ ミスター・アストロノート いつかまた路上で 会えたらいいな
カザミドリいらいらばかり募るんだ どうしようもないことなのになぜ 考え考えあぐね疲れて眠って目が覚めりゃ考えてる 楽しかったことなんてあったかどうかさえ妖しくなるほど キョーレツな現実がハンマーになって君の夢を叩きのめす  時々虚しくなるんだ 君は理解者などいないんだと 失望したり されるのが 嫌だから とりあえず笑顔で防衛 何が正しくて間違い? それをジャッジするのは君自身なのに あっちこっちどっちカザミドリ 本当の君はどこにいるの?  Ah ふさわしい暮らしに 嫌気がさしたわけじゃ ないけれど 別の世界が見たいのさ  単純に言うと ただ君が好きなのさ 言葉にすることさえ 叶わないよ なぜ そんな 哀し気な瞳で 思い詰めたように ねえ 僕を見つめないで この胸が 張り裂けそうだよ  活字を読むのは苦手さ ただ図書館の匂いが好きなんだ 誰か偉人の言葉を引用して さもセンスいいでしょとドヤ顔してる 君はそんな低俗な奴らと楽しそうにお喋りしてる 哀れみに施す優しさか それか頭が空っぽなんだろ  時々奇妙に思うよ 君の理解者ほど曖昧なもんはない 「運命の人に逢えて良かった」そいつは君の常套句なト―ク 何が正しくて間違い? 君が間違ってることが正解なら あっちこっちどっちカザミドリ そんな生き方 やめようよ  Ah あの時なぜ僕の手を 握り返したのさ この体を巡る衝動は嘘じゃない  純粋な感情 ねえ心のままに 君を求めても 受け止めてくれるの? ずっと絶やしたくはないモノ 君が笑うたびに こぼれる光を この胸に 描き続ける  初めて風に逆って羽ばたいた 君はカザミドリ 今頃君はどこにいるの? 誰も君の行方を知らない  単純に言うと ただ君が好きなのさ 言葉にすることさえ 今は叶わない ずっと 移り気な瞳で 悪戯(いたずら)そうに ねえ 僕を見つめてよ 友情 感情 これが愛じゃなくても 僕は君の全てを受け止められたの? ずっと絶やしたくはないモノ 君が笑うたびに こぼれる光を この胸に 灯し続ける その光が まだ…今は弱くても…ササキオサムササキオサムササキオサムいらいらばかり募るんだ どうしようもないことなのになぜ 考え考えあぐね疲れて眠って目が覚めりゃ考えてる 楽しかったことなんてあったかどうかさえ妖しくなるほど キョーレツな現実がハンマーになって君の夢を叩きのめす  時々虚しくなるんだ 君は理解者などいないんだと 失望したり されるのが 嫌だから とりあえず笑顔で防衛 何が正しくて間違い? それをジャッジするのは君自身なのに あっちこっちどっちカザミドリ 本当の君はどこにいるの?  Ah ふさわしい暮らしに 嫌気がさしたわけじゃ ないけれど 別の世界が見たいのさ  単純に言うと ただ君が好きなのさ 言葉にすることさえ 叶わないよ なぜ そんな 哀し気な瞳で 思い詰めたように ねえ 僕を見つめないで この胸が 張り裂けそうだよ  活字を読むのは苦手さ ただ図書館の匂いが好きなんだ 誰か偉人の言葉を引用して さもセンスいいでしょとドヤ顔してる 君はそんな低俗な奴らと楽しそうにお喋りしてる 哀れみに施す優しさか それか頭が空っぽなんだろ  時々奇妙に思うよ 君の理解者ほど曖昧なもんはない 「運命の人に逢えて良かった」そいつは君の常套句なト―ク 何が正しくて間違い? 君が間違ってることが正解なら あっちこっちどっちカザミドリ そんな生き方 やめようよ  Ah あの時なぜ僕の手を 握り返したのさ この体を巡る衝動は嘘じゃない  純粋な感情 ねえ心のままに 君を求めても 受け止めてくれるの? ずっと絶やしたくはないモノ 君が笑うたびに こぼれる光を この胸に 描き続ける  初めて風に逆って羽ばたいた 君はカザミドリ 今頃君はどこにいるの? 誰も君の行方を知らない  単純に言うと ただ君が好きなのさ 言葉にすることさえ 今は叶わない ずっと 移り気な瞳で 悪戯(いたずら)そうに ねえ 僕を見つめてよ 友情 感情 これが愛じゃなくても 僕は君の全てを受け止められたの? ずっと絶やしたくはないモノ 君が笑うたびに こぼれる光を この胸に 灯し続ける その光が まだ…今は弱くても…
少年アウトサイド吹き抜ける風に シャツの袖をまくって ペダルを蹴る 車輪に羽根でも付いてるみたいさ  まさかねあの娘が 放課後一緒に帰ろうって ねえ 気まぐれでも 悪い気はしないさ  きっと口ほどにも目は きっとモノ言うケダモノさ 以心伝心きっとテレパシー  いつかきっとこんな胸の高鳴り 忘れてしまうなんてせつなくて ふられてもいないのに ふて腐れて ふて寝する1限目  ミケランジェロ・アントニオーニの 描いた砂丘に ふたり 不時着して ピンクフロイドを爆音で聴きたい  僕の話なんて まともに聞いちゃいないね でも大人びてる 横顔がグッと来ちゃう  きっと誰も気付かない 絶対 あの娘にもわからない 僕はシニカルな世界の住人さ  まさに今こんな胸の高鳴り 鮮やかにK点を越えてゆく 嬉しさ余って不機嫌に 頬杖ついてクールぶるのさ 街中 世界中 誰も恋をする ファーストフード並みに手当たり次第に 想像したら不意に冷めちゃいそうなので 約束の放課後まで二度寝さ  うっかり寝過ごしてる間に あの娘 怒って帰っちゃった ねえこれって何かの罰ゲームじゃないの?  夕焼け小焼けひとり帰り道 踏むペダルがこんなに重いなんて ストローの袋に水つけて ふやけた蛇を作って並べたい 街中 世界中 どこか他人事(ひとごと)で 目新しいニセモノに心奪われてる あの娘の残り香みたいな ペパーミントの風を切って走る 明日もササキオサムササキオサムササキオサム吹き抜ける風に シャツの袖をまくって ペダルを蹴る 車輪に羽根でも付いてるみたいさ  まさかねあの娘が 放課後一緒に帰ろうって ねえ 気まぐれでも 悪い気はしないさ  きっと口ほどにも目は きっとモノ言うケダモノさ 以心伝心きっとテレパシー  いつかきっとこんな胸の高鳴り 忘れてしまうなんてせつなくて ふられてもいないのに ふて腐れて ふて寝する1限目  ミケランジェロ・アントニオーニの 描いた砂丘に ふたり 不時着して ピンクフロイドを爆音で聴きたい  僕の話なんて まともに聞いちゃいないね でも大人びてる 横顔がグッと来ちゃう  きっと誰も気付かない 絶対 あの娘にもわからない 僕はシニカルな世界の住人さ  まさに今こんな胸の高鳴り 鮮やかにK点を越えてゆく 嬉しさ余って不機嫌に 頬杖ついてクールぶるのさ 街中 世界中 誰も恋をする ファーストフード並みに手当たり次第に 想像したら不意に冷めちゃいそうなので 約束の放課後まで二度寝さ  うっかり寝過ごしてる間に あの娘 怒って帰っちゃった ねえこれって何かの罰ゲームじゃないの?  夕焼け小焼けひとり帰り道 踏むペダルがこんなに重いなんて ストローの袋に水つけて ふやけた蛇を作って並べたい 街中 世界中 どこか他人事(ひとごと)で 目新しいニセモノに心奪われてる あの娘の残り香みたいな ペパーミントの風を切って走る 明日も
シンクロナイズ静けさ 裂くような 午前0時 鳴り響くサイレン またドジなヤツが ヘマをしただけのことだろう  (焦り+不安)2×期待で尖ったナイフが 僕らの胸に巣食う 途方も無い闇を切り裂くだろう それが希望さ  勝ち目があるとか そんな話じゃない  tighten up my soul 始めよう 僕ら今を 激しく いとおしく 抱きしめてcry 僕らの微かな光が 誰かの手垢まみれでも 僕らの手に「答え」などなくても  求めるほどに求められないとしょげるのは 今に始まったことじゃないよ 紀元前前からずっと同じさ  生きているだけで 素晴らしいと言い切れないのは 荒れ地に咲き誇る 花の美しさに 嫉妬してる 僕の性(さが)か  声が漏れるほど 熱いくちづけ  tighten up my soul 感じてる 僕ら今を 激しく 抱き合って 揺さぶってdance 高ぶってく呼吸のリズムが 世界とシンクロナイズすればそう 僕らはきっと 「専制君主」にだってなれるのさ この夜の  tighten up my soul 始めよう 僕ら今を 激しく 狂おしく くちづけてcry 世界の終わり告げる警鐘音が 僕らを白けさせるけど 僕らはいつか手に入れてみせるさ 僕らはまだ 本当の夜明けを 知らないササキオサムササキオサムササキオサム静けさ 裂くような 午前0時 鳴り響くサイレン またドジなヤツが ヘマをしただけのことだろう  (焦り+不安)2×期待で尖ったナイフが 僕らの胸に巣食う 途方も無い闇を切り裂くだろう それが希望さ  勝ち目があるとか そんな話じゃない  tighten up my soul 始めよう 僕ら今を 激しく いとおしく 抱きしめてcry 僕らの微かな光が 誰かの手垢まみれでも 僕らの手に「答え」などなくても  求めるほどに求められないとしょげるのは 今に始まったことじゃないよ 紀元前前からずっと同じさ  生きているだけで 素晴らしいと言い切れないのは 荒れ地に咲き誇る 花の美しさに 嫉妬してる 僕の性(さが)か  声が漏れるほど 熱いくちづけ  tighten up my soul 感じてる 僕ら今を 激しく 抱き合って 揺さぶってdance 高ぶってく呼吸のリズムが 世界とシンクロナイズすればそう 僕らはきっと 「専制君主」にだってなれるのさ この夜の  tighten up my soul 始めよう 僕ら今を 激しく 狂おしく くちづけてcry 世界の終わり告げる警鐘音が 僕らを白けさせるけど 僕らはいつか手に入れてみせるさ 僕らはまだ 本当の夜明けを 知らない
SING!打ち込めない ここんとこずっと気分ソワソワ もう勘弁したい 相づちで首が太くなった いい加減にして もうさじ投げた OH! SING!  見た目だってちょっと大腿筋鍛えりゃ いけるよ まだ青二才には負けない なのに あーだこーだ言っちゃ サボってるんでしょ OH! SING!  この想いを誰かに 伝えてしまわなければ この身体は熱くなって溶けてしまうだろう 悲しいね みんな知らぬ間に 心にリミッターをかけて 歌うことをやめちまった まだ闘えるかい? それともギブアップ?  生意気にしちゃ ボコボコに伸されて いい子にしてちゃ つまんないとか言われる 売れてなきゃ ただの変人さ OH! SING!  でもぜんぜん ほっといてくれ 決めるのはあんたじゃない 思い通りだって思い上がりもないけど 皆シャウトしながら生まれたんでしょう? OH! SING!  この想いを誰かに 伝えてしまわなければ 僕の声は石になって海に沈むだろう 悲しいね みんな知らぬ間に 心にブラインドかけて 真実に目を伏せてる まだ夢見てるかい? それともギブアップ?  この想いを誰かに 伝えてしまわなければ この身体は熱くなって溶けてしまうだろう まだ乾ききってない君の 大切な涙 守るために 僕は歌うのさ まだ闘えるさ いつでもbig up!  God grant 言葉絡み付くリズムを身にまとって God grant 投げ出されたさじについたジャムをなめたい… 誰もが灰になるために命のマッチこすって さあSING!ササキオサムササキオサムササキオサム打ち込めない ここんとこずっと気分ソワソワ もう勘弁したい 相づちで首が太くなった いい加減にして もうさじ投げた OH! SING!  見た目だってちょっと大腿筋鍛えりゃ いけるよ まだ青二才には負けない なのに あーだこーだ言っちゃ サボってるんでしょ OH! SING!  この想いを誰かに 伝えてしまわなければ この身体は熱くなって溶けてしまうだろう 悲しいね みんな知らぬ間に 心にリミッターをかけて 歌うことをやめちまった まだ闘えるかい? それともギブアップ?  生意気にしちゃ ボコボコに伸されて いい子にしてちゃ つまんないとか言われる 売れてなきゃ ただの変人さ OH! SING!  でもぜんぜん ほっといてくれ 決めるのはあんたじゃない 思い通りだって思い上がりもないけど 皆シャウトしながら生まれたんでしょう? OH! SING!  この想いを誰かに 伝えてしまわなければ 僕の声は石になって海に沈むだろう 悲しいね みんな知らぬ間に 心にブラインドかけて 真実に目を伏せてる まだ夢見てるかい? それともギブアップ?  この想いを誰かに 伝えてしまわなければ この身体は熱くなって溶けてしまうだろう まだ乾ききってない君の 大切な涙 守るために 僕は歌うのさ まだ闘えるさ いつでもbig up!  God grant 言葉絡み付くリズムを身にまとって God grant 投げ出されたさじについたジャムをなめたい… 誰もが灰になるために命のマッチこすって さあSING!
step by stepstep by step…  移り気な君だからそう 目が離せない Day & Night 君見て振り返るメンズに 朝メシ前の投げkiss up downしてる感情と ずっと不調だって湿気ったスマイル めくるめくよ 人生は きっと そんなに捨てたもんじゃないぜ  さあ今ここで皆に宣言しよう 雨の日も嵐の日もサイアクでも 上を向いて行こうよ  Sky 晴れた空のびる 飛行機雲の先に 僕らの未来が確かにある だからしょげないで もう一度笑ってよ 間違ってないよ 胸張って行こう 道なき道でもゆけ step!  step by step…  君みたいな女の子でも たまには妬いてくれるの? 夏服の女の子の足に 見とれた僕の足を蹴った up downのない人生に あくびという特効薬がある 息を吸って 涙出て 伸びをしたら 世界が変わるよ  さあ今ここで皆に宣言しよう 晴れの日も大安の日も調子いい日も 忘れないさ 感謝  Sky 遥か東の空 アーチを描いた 虹は そうさ 僕らの 願いが叶ったイメージ だから空を見て もう一度笑ってよ 間違ってもいいさ 胸張って進もう 一足一足ずつ step! step by step…  Sky 晴れた空のびる 飛行機雲の先に 僕らの未来が確かにある だからしょげないで もう一度笑ってよ 間違ってないよ 胸張って行こう 道なき道でもゆく step! step by step…ササキオサムササキオサムササキオサムstep by step…  移り気な君だからそう 目が離せない Day & Night 君見て振り返るメンズに 朝メシ前の投げkiss up downしてる感情と ずっと不調だって湿気ったスマイル めくるめくよ 人生は きっと そんなに捨てたもんじゃないぜ  さあ今ここで皆に宣言しよう 雨の日も嵐の日もサイアクでも 上を向いて行こうよ  Sky 晴れた空のびる 飛行機雲の先に 僕らの未来が確かにある だからしょげないで もう一度笑ってよ 間違ってないよ 胸張って行こう 道なき道でもゆけ step!  step by step…  君みたいな女の子でも たまには妬いてくれるの? 夏服の女の子の足に 見とれた僕の足を蹴った up downのない人生に あくびという特効薬がある 息を吸って 涙出て 伸びをしたら 世界が変わるよ  さあ今ここで皆に宣言しよう 晴れの日も大安の日も調子いい日も 忘れないさ 感謝  Sky 遥か東の空 アーチを描いた 虹は そうさ 僕らの 願いが叶ったイメージ だから空を見て もう一度笑ってよ 間違ってもいいさ 胸張って進もう 一足一足ずつ step! step by step…  Sky 晴れた空のびる 飛行機雲の先に 僕らの未来が確かにある だからしょげないで もう一度笑ってよ 間違ってないよ 胸張って行こう 道なき道でもゆく step! step by step…
SPARKLING DIVEAh! 高鳴る想いが描き出す場所へ 今 君と風に乗っかって Fly! この夏一番の奇跡をつかもう 思い立ったなら さあ出かけよう 重い扉を蹴り飛ばして yeah!  「何処へだって行けるんだよ」と言って君は 僕の頬にキスして 青い空にDiveした  弾け飛ぶ 炭酸水の泡のように 僕らは 愛を蒸散して 呼吸するために生まれたよ  瞬きする間も惜しいくらいに 降り注ぐ太陽の雨 青空 呼んでる ジェットな気流 浴びて上昇  Ah! 高鳴る想いが世界を変えてく 今 君と風になるのさ Fly! どこまでも続く この空の果てに 鮮やかな夢を描くのさ 旅は今 始まったばかり  「流れてく過去と未来が 交差するのはそう一瞬 だから素敵なモノ見に行こう」  君の言葉の意味が 今ならわかる 夢見る自由さを そうさずっと眠らせたのは僕自身  考えこむよりもそう今 感じてる心の声 信じよう さあ笑って 夏 裸足で浜辺を疾走  Ah! 高鳴る想いがすべてを知ってる 今じゃなきゃ意味がないよ Fly! きらめきのイメージが 吹き抜ける場所へ 誘われるまま 軽やかに 虹の扉に足をかけて  まるでコインの裏表 きっと僕ら二つでひとつだよ 手をつないだら ココロ晴れ晴れ 弾けて気分は so cooooool!  Ah! 高鳴る想いが世界を変えてく 今 君と風になるのさ Fly! この夏一番の奇跡をつかもう 誰も見た事のない夢を 鮮やかに君と描くのさ 旅はまだ 始まったばかりササキオサムササキオサムササキオサムAh! 高鳴る想いが描き出す場所へ 今 君と風に乗っかって Fly! この夏一番の奇跡をつかもう 思い立ったなら さあ出かけよう 重い扉を蹴り飛ばして yeah!  「何処へだって行けるんだよ」と言って君は 僕の頬にキスして 青い空にDiveした  弾け飛ぶ 炭酸水の泡のように 僕らは 愛を蒸散して 呼吸するために生まれたよ  瞬きする間も惜しいくらいに 降り注ぐ太陽の雨 青空 呼んでる ジェットな気流 浴びて上昇  Ah! 高鳴る想いが世界を変えてく 今 君と風になるのさ Fly! どこまでも続く この空の果てに 鮮やかな夢を描くのさ 旅は今 始まったばかり  「流れてく過去と未来が 交差するのはそう一瞬 だから素敵なモノ見に行こう」  君の言葉の意味が 今ならわかる 夢見る自由さを そうさずっと眠らせたのは僕自身  考えこむよりもそう今 感じてる心の声 信じよう さあ笑って 夏 裸足で浜辺を疾走  Ah! 高鳴る想いがすべてを知ってる 今じゃなきゃ意味がないよ Fly! きらめきのイメージが 吹き抜ける場所へ 誘われるまま 軽やかに 虹の扉に足をかけて  まるでコインの裏表 きっと僕ら二つでひとつだよ 手をつないだら ココロ晴れ晴れ 弾けて気分は so cooooool!  Ah! 高鳴る想いが世界を変えてく 今 君と風になるのさ Fly! この夏一番の奇跡をつかもう 誰も見た事のない夢を 鮮やかに君と描くのさ 旅はまだ 始まったばかり
冷たい雪人混みの中 君に似てる 人を見つけた気がして 振り返る 雪の降る街角 君がいるわけないのに  無邪気に 笑った 君の笑顔 まぶたに 甦るたび 溢れる 思い 今更と 心の目を塞いでも 忘れられない  受話器越し 君の声 響いた 震える声で「さよなら」 音もなく 積もる 粉雪のよう 悲しみは 僕を白く 染めて  割れたグラスのように 二度とはもう元には戻れないことも わかっていて目をそむけてしまったよ 君の痛みの理由(わけ)から  言い訳ばかりして…  冷めた頬 つたう 熱い 思い 心の雪も溶かすよ 重ねた手 強く 握り返した あの日君を 抱いてたら 今頃こんな思いをしてなかったかな 何もなかったように二人で笑えたのかな うつむいた 君の悲し気な瞳  時は無常に 流れてく 眩しかった 君の笑顔 悲しみさえ 日溜まりの船に乗せて  受話器越し 君の声 響いた 震える声で 「さよなら」 音もなく 積もる 粉雪のよう 悲しみは 僕を白く 染めてく あといくつ 冬が 過ぎ去っても 僕は忘れないだろう 二人確かにいたあの季節 悲しみの雪で君が 見えなくてもササキオサムササキオサムササキオサム人混みの中 君に似てる 人を見つけた気がして 振り返る 雪の降る街角 君がいるわけないのに  無邪気に 笑った 君の笑顔 まぶたに 甦るたび 溢れる 思い 今更と 心の目を塞いでも 忘れられない  受話器越し 君の声 響いた 震える声で「さよなら」 音もなく 積もる 粉雪のよう 悲しみは 僕を白く 染めて  割れたグラスのように 二度とはもう元には戻れないことも わかっていて目をそむけてしまったよ 君の痛みの理由(わけ)から  言い訳ばかりして…  冷めた頬 つたう 熱い 思い 心の雪も溶かすよ 重ねた手 強く 握り返した あの日君を 抱いてたら 今頃こんな思いをしてなかったかな 何もなかったように二人で笑えたのかな うつむいた 君の悲し気な瞳  時は無常に 流れてく 眩しかった 君の笑顔 悲しみさえ 日溜まりの船に乗せて  受話器越し 君の声 響いた 震える声で 「さよなら」 音もなく 積もる 粉雪のよう 悲しみは 僕を白く 染めてく あといくつ 冬が 過ぎ去っても 僕は忘れないだろう 二人確かにいたあの季節 悲しみの雪で君が 見えなくても
フラグメント長椅子(カウチ)に寝転がってさ 書きなぐった叙情詩(リリック)たちが ベランダの風に煽られ そんで 窓からダイブした 偶然 空を見上げてた君の頭に降る詩編たち それは君が探してた 希望の破片(はへん)だった  思わず胸を刺す 意味の無い悲しみが 世界を救うユーモアと力を担ってる  I belong to you I belong to you , you know you're my all 世界のど果てまで僕ら I belong to you I belong to you , you know you're my all 求め合う「フラグメント」 I belong to you I belong to you , you know you're my all いったい何に怯えてるの? I belong to you I belong to you , you know you're my all 偽らないで 君の痛みの破片(かけら)で僕の 足りないパーツを 繋ぎ合わせて 未完成の叙情詩(リリック)を 完成するんだ  感情の同時通訳を 何度試みても 本当の気持ちなんて 言葉にはできない 時間とともに色褪せてく 痛み風化装置は 時にはクールだけど 夢も奪ってしまうよ  言葉のナイフで えぐりだせココロの 断面 滴(したた)る 果実の味を知りたいのさ  I belong to you I belong to you , you know you're my all どっかで誰かが叫んでる I belong to you I belong to you , you know you're my all この街はcrazy I belong to you I belong to you , you know you're my all ひとりきりじゃ闘えない I belong to you I belong to you , you know you're my all 本気を見せて ためらってる時間はないよ 意志と言うトリガーに指を掛けたなら 狙い定めて 打ち抜け 運命  I belong to you I belong to you , you know you're my all 世界のど真ん中で僕ら I belong to you I belong to you , you know you're my all 夢を見る「フラグメント」 I belong to you I belong to you , you know you're my all 何も恐れることはない I belong to you I belong to you , you know you're my all 輝いて「フラグメント」 君の痛みの破片(かけら)が僕の 足りないパーツを満たしてゆくよ でもまだ叙情詩(リリック)は 完成しないんだ でも僕らは… But still I love you…ササキオサムササキオサムササキオサム長椅子(カウチ)に寝転がってさ 書きなぐった叙情詩(リリック)たちが ベランダの風に煽られ そんで 窓からダイブした 偶然 空を見上げてた君の頭に降る詩編たち それは君が探してた 希望の破片(はへん)だった  思わず胸を刺す 意味の無い悲しみが 世界を救うユーモアと力を担ってる  I belong to you I belong to you , you know you're my all 世界のど果てまで僕ら I belong to you I belong to you , you know you're my all 求め合う「フラグメント」 I belong to you I belong to you , you know you're my all いったい何に怯えてるの? I belong to you I belong to you , you know you're my all 偽らないで 君の痛みの破片(かけら)で僕の 足りないパーツを 繋ぎ合わせて 未完成の叙情詩(リリック)を 完成するんだ  感情の同時通訳を 何度試みても 本当の気持ちなんて 言葉にはできない 時間とともに色褪せてく 痛み風化装置は 時にはクールだけど 夢も奪ってしまうよ  言葉のナイフで えぐりだせココロの 断面 滴(したた)る 果実の味を知りたいのさ  I belong to you I belong to you , you know you're my all どっかで誰かが叫んでる I belong to you I belong to you , you know you're my all この街はcrazy I belong to you I belong to you , you know you're my all ひとりきりじゃ闘えない I belong to you I belong to you , you know you're my all 本気を見せて ためらってる時間はないよ 意志と言うトリガーに指を掛けたなら 狙い定めて 打ち抜け 運命  I belong to you I belong to you , you know you're my all 世界のど真ん中で僕ら I belong to you I belong to you , you know you're my all 夢を見る「フラグメント」 I belong to you I belong to you , you know you're my all 何も恐れることはない I belong to you I belong to you , you know you're my all 輝いて「フラグメント」 君の痛みの破片(かけら)が僕の 足りないパーツを満たしてゆくよ でもまだ叙情詩(リリック)は 完成しないんだ でも僕らは… But still I love you…
星降る夜にどんなに 遠く 離れていても 心だけは 君といさせて  風もない 透き通った夜の 静寂(しじま)に 靴音を 響かせながら  歩き疲れて 立ち止まりそうな 夜なら 君の胸で眠らせて  star light 照らし出してくれ あしたがどこにあるのか まだ見えなくても star light 導いておくれ 悲しい歌が 世界に溢れても 必ず乗り越えるから 君は君でいて  真空の闇 凍りそうな想い 息も出来ず 身じろぎもせずに  遠く 離れ 逢えないからこそ僕は 君の息づかいまで リアルに感じてる  傷ついたまま 安らぎさえもない 夜なら 僕の腕で眠れよ  star light 振り向かないで 昨日は戻りはしないのさ その瞳 閉じて star light 想い馳せるよ 彼方の空 たった一つの 微かな光が 僕らの 道標(みちしるべ)になる  街灯りが消えて 月明かりさえもない 暗闇の中 君の声に耳を澄ますと 不思議さ 距離も 時間の感覚も 途切れて 世界は 永遠のように  star light 照らし出してくれ 希望がどこにあるのか さあその目を凝らして star light 導いておくれ やさしい歌が 世界に溢れ出し 痛みも越えてゆくから 君は君でいてササキオサムササキオサムササキオサムどんなに 遠く 離れていても 心だけは 君といさせて  風もない 透き通った夜の 静寂(しじま)に 靴音を 響かせながら  歩き疲れて 立ち止まりそうな 夜なら 君の胸で眠らせて  star light 照らし出してくれ あしたがどこにあるのか まだ見えなくても star light 導いておくれ 悲しい歌が 世界に溢れても 必ず乗り越えるから 君は君でいて  真空の闇 凍りそうな想い 息も出来ず 身じろぎもせずに  遠く 離れ 逢えないからこそ僕は 君の息づかいまで リアルに感じてる  傷ついたまま 安らぎさえもない 夜なら 僕の腕で眠れよ  star light 振り向かないで 昨日は戻りはしないのさ その瞳 閉じて star light 想い馳せるよ 彼方の空 たった一つの 微かな光が 僕らの 道標(みちしるべ)になる  街灯りが消えて 月明かりさえもない 暗闇の中 君の声に耳を澄ますと 不思議さ 距離も 時間の感覚も 途切れて 世界は 永遠のように  star light 照らし出してくれ 希望がどこにあるのか さあその目を凝らして star light 導いておくれ やさしい歌が 世界に溢れ出し 痛みも越えてゆくから 君は君でいて
メタフィジックSally 煩(うるさ)いこの街の喧噪(ざわめき)を抜けて ねえSally この世界の果てまで行けたらいいのに  息苦しくて煩わしい生活に 目隠ししてるセンチメンタリズム 全てを見透かしたように 君は 細く青いネイルで はぎ取るのさ  刹那指数99.9%の世界に今 咲き誇る君は希望の薔薇さ 嵐の中迷わぬように 抱きしめてくれ その刺が 僕の胸に 突き刺さればいい  Sally あどけない唇をグロスで濡らして ねえSally 冷たい眼差しはエメラルドの海  何度も躓いてやっと手にしたプライドが 一瞬で燃え尽きてしまうような 愛と言う幻想そのものについて 問いかける前に ただ愛したい  不快指数99.9%の向風に 僕ら羽根広げ 飛び立つのさ 愛も夢も絵空事も カタチなんて初めからないぜ だから君が 作り出せばいい  例えば9分9厘 勝ち目なんかなくても 闘わなきゃ 何も生み出せないのさ オール・オア・ナッシングなんて 自暴自棄な思想じゃなくて just a little bit でも得たいのさ 僕ら生きてる 瞬間(いま)  刹那指数99.9%の世界に今 咲き誇る君は希望の薔薇さ 嵐の中迷わぬように 抱きしめてくれ 君の刺が 僕の愛を 貫けばいいササキオサムササキオサムササキオサムSally 煩(うるさ)いこの街の喧噪(ざわめき)を抜けて ねえSally この世界の果てまで行けたらいいのに  息苦しくて煩わしい生活に 目隠ししてるセンチメンタリズム 全てを見透かしたように 君は 細く青いネイルで はぎ取るのさ  刹那指数99.9%の世界に今 咲き誇る君は希望の薔薇さ 嵐の中迷わぬように 抱きしめてくれ その刺が 僕の胸に 突き刺さればいい  Sally あどけない唇をグロスで濡らして ねえSally 冷たい眼差しはエメラルドの海  何度も躓いてやっと手にしたプライドが 一瞬で燃え尽きてしまうような 愛と言う幻想そのものについて 問いかける前に ただ愛したい  不快指数99.9%の向風に 僕ら羽根広げ 飛び立つのさ 愛も夢も絵空事も カタチなんて初めからないぜ だから君が 作り出せばいい  例えば9分9厘 勝ち目なんかなくても 闘わなきゃ 何も生み出せないのさ オール・オア・ナッシングなんて 自暴自棄な思想じゃなくて just a little bit でも得たいのさ 僕ら生きてる 瞬間(いま)  刹那指数99.9%の世界に今 咲き誇る君は希望の薔薇さ 嵐の中迷わぬように 抱きしめてくれ 君の刺が 僕の愛を 貫けばいい
Right HereI hope someday You will find out The answer to yourself And i wonder When you cry to me that Everything goes wrong  壊れた夢が重みを増して But we just have to move on Theres no knowing whats gonna happen We cant live in a fairy-tale  Throw it up Burn it out Easier when the sun goes down Your pain's still growing up So just let go Find yourself for tomorrow Here we are だから今 Its time to leave your tired pride 目には見えない 歩む先には Theres always something more  ここにはもう何もないと 君が嘆くたびに Your time is running out so faster Than you feel Waste your life for complaining  You look so frustrated with The game you can never win 美しいだけの人生は 果たして、makes us real?  Throw it up Burn it out Easier when the sun goes down Your pain's still growing up So just let go Find yourself for tomorrow Here we are だから今 Its time to leave your tired pride 目には見えない 歩む先には Theres always something more  誰かの uniform を着て 生きてゆくのは nonsense 気付いて、答えは、 Right here  Throw it up Burn it out Easier when the sun goes down Your pain's still growing up So just let go Find yourself for tomorrow Here we are だから今 Its time to leave your tired pride 目には見えない 歩む先には Theres always something moreササキオサムm asirササキオサムI hope someday You will find out The answer to yourself And i wonder When you cry to me that Everything goes wrong  壊れた夢が重みを増して But we just have to move on Theres no knowing whats gonna happen We cant live in a fairy-tale  Throw it up Burn it out Easier when the sun goes down Your pain's still growing up So just let go Find yourself for tomorrow Here we are だから今 Its time to leave your tired pride 目には見えない 歩む先には Theres always something more  ここにはもう何もないと 君が嘆くたびに Your time is running out so faster Than you feel Waste your life for complaining  You look so frustrated with The game you can never win 美しいだけの人生は 果たして、makes us real?  Throw it up Burn it out Easier when the sun goes down Your pain's still growing up So just let go Find yourself for tomorrow Here we are だから今 Its time to leave your tired pride 目には見えない 歩む先には Theres always something more  誰かの uniform を着て 生きてゆくのは nonsense 気付いて、答えは、 Right here  Throw it up Burn it out Easier when the sun goes down Your pain's still growing up So just let go Find yourself for tomorrow Here we are だから今 Its time to leave your tired pride 目には見えない 歩む先には Theres always something more
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. この空がトリガー
  2. CRAZY CLOUDS
  3. 祭りのあと
  4. 女ごころ
  5. さすらい

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照