MONO NO AWARE「ザ・ビュッフェ」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
同釜 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓いつか夢見た火星に行けたとて パスタ屋でカトラリーの 音を出さない練習するのね  いつも父から立てひざを 叱られていたけれどあなたこそ 咀嚼音が気になってはいたのね  まだあなたは腹に落ちない 噛まねば飲まれん 馬鹿手を  人は同じ釜の飯を食う  母のコロッケ嫌々に食う 子にすれば芋より肉 食べ方注意せよと言う父親の 咀嚼音こそ気になりながらも食う 大事はいつも作法また向く明後日のほう そんな頬を叩き落とす飯もあった  「質素」と海苔で書かれた弁当も 席替えも陸の孤島 ひとりこそ一人前とこそこそ食う 拒んだはずの賑わいを BGMにしていたこと さすがにイヤホン越しに嫌でも気づく  カラスがつつくゴミ袋を眺めて 「取り繕うのやめて」 すぐ浮かぶ美辞麗句 港区価格のランチたまには背伸びして 食うにせよ松屋で食うにせよ 同じ屋根の下では一族  鳥貴族いけば誰も安く釜にありつく ための節約は誰よりも心が割りを食う 昼に子を抱く空き地で夜大人が米を炊く おかずにはならないが報連相の種も蒔く  花が咲く  桜と紅葉を捌く 入るナイフ参るほどグロテスク 全く刺激的なのはFPSかレシピですか いつか血肉化するのは情報も同じ  こんがりトーストに塗るジャムにも流れる血 苺一会チョイスしたあなたが私のお家 醤油ペロペロした夜に向かいにいた友達 まだ名前を言えた頃の祖母がくれた臍餅  祖父が最期まで手をつけずに終わった鶏肉 嫌いな理由も知らず覆水盆に返らず しかしこぼれた記憶を啜ってでも肥え抜く 数に比例するなら度を越えた酒もいただく  そしていつかシェフが俺たちの腹わたを捌く お仲間はお腹周りで繋がると勘付く チェーン店が破竹の勢いで広がると聞く 松屋あの世店でやっと会えた君と飯を食う
野菜もどうぞ 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓美味しい野菜どうぞ 勘で買ってきてカットして炒めれば 分かるだろ 主食だよ  美味しい野菜どうぞ もう飽きて強火してから煎らつけば 分かるだろ 風味だよ  美味しい野菜どうぞ 面倒なら生のままで口に入れちまいな 分かるだろ 山だよ  野菜は美味しいから食う 本は面白いから読む 眠たいから今は寝る 偉いなどの言葉スルー  美味しい野菜どうぞ 人が肉たらしく思えてきたら 分かるだろ  空腹の場合には ここはひとつ野菜もどうぞ
もうけもん 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓毎晩毎晩泣いてどうした せっかくさっき飲んだミルクが勿体無いわ でも毎回毎回泣きやんでは ピカッと光った目を見るだけでもう  あんたって もうけもんだね 笑えてきた もうけもんだね  大きくなれ誰々よりどうこうとか気にせん 海千山千食いな食いな行け行け丼丼 寝つかないだけで心は悶々  寝つきゃ急にメロメロになんね 落ちたもんをペロペロご勘弁 お尻ぺんぺんもう寝なベイベー あんたが生まれてもうけもん  ハイハイちゃんとやってよ あんたもそろそろお手のもん ピーマンちゃんと摂ってよ 結局いいのはビタミンCよ  ニキビは潰さんといてよ お泊まりするなら言ってよ そんなん転校したっていいよ なんかあったら言ってよ  母ちゃんあんた泣かせないよ 父ちゃんあんた泣かせないよ 本当あんたってもう  あんたって もうけもんだね 笑えてきた もうけもんだね  私も含む もうけもんだね
味見MONO NO AWAREMONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓塩胡椒それから調味料 お好みで香草など少々  の少々は少々難しすぎるわ 正解はどこ? 毎回困る加減  個性を伸ばそう 分断はやめよう ありのまま生きよう 団結しよう 稼ごうよ 休もうよ  いや難しすぎるわ 正解はどこ? 簡単にいかないのです  甘酸っぱい出会いかな じんわり旨い未来かな 食わず嫌いじゃない 苦い時代はいただけない また塩っぱい話題ばっか頬張ると血圧上がる それもいいか  低糖 高カロリー 小休憩 大丈夫  おぬしは食わねどいつも用事 チェーン店の回転みたい  味見を忘れずに  美味しいものを食べてみない 温かいものを食べてみない 美味しいものを食べてみない 温かいものを食べようよ  肩を落とす前に頬っぺたを  甘酸っぱい出会いかな じんわり旨い未来かな 食わず嫌いじゃない 苦い時代はいただけない また塩っぱい話題ばっか頬張ると血圧上がる それもいいか  あんま冷たい現実味ばっか飲み下すとお腹も下る それもいいか
イニョン 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓町を見下ろしながら 歩くのは面白いね ただ傘がないけど  あんたにはまたどっかで会うわ  待ちぼうけの末濡れた 袖に触れさせてよ 出会いは雨後の筍  あんたにはまたどっかで会うわ  甘い相槌うつほど ころげて笑けるほど 輪郭がぼんやり  やたら馬があったこと 去るしかなかったこと 輪郭がぼんやりと  初めてじゃないみたい お決まりの台詞が飛び出す そのくせ予め決まっていた かのように別れ道  甘い相槌うつほど ころげて笑けるほど 輪郭がぼんやり 溶け出していったけど  言わずに言えること 聞かずに聞けること 輪郭がなくなっても  あんたにはまたどっかで会うわ
風の向きが変わってMONO NO AWAREMONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓MONO NO AWAREまだ遠い先でいいから 追い風に吹かれてみたいわ またそう言う君を背負って 坂道上ってく小ちゃな自転車  向かい風がちょっとクーラー みたいだなって思った瞬間 自転車のスピードが ほんのちょっと上がる  風の向きが変わって前髪が逆立った いつまでも甘ったれたままじゃ駄目か カザミドリどこを向いたとて 吹きつける向かい風 全て吹き去ってそれから気づいた  それか遠すぎるのなら いつまでもこうしてあなたといたいわ じゃあもう漕がなくてもいいかな 坂道下ってく小ちゃな自転車  若いやつの流行りや ベテランのライフハックなんか 不感だわ俯瞰だわ ガードレール曲がる  風の向きが変わって前髪が逆立った いつまでも甘ったれたままじゃ駄目か カザミドリどこを向いたとて 吹きつける向かい風 全て吹き去ってそれから気づいた  blowin' in the wind 独りでに軽やかに逃げてくばかり  漕ぐも漕がぬも自由さ だだっ広い道にぽつんと自転車  風の向きが変わって目の色まで変わった いつまでも甘ったれたままじゃダメか カザミドリ一回は飛んでみろ 追い風になるまで 全て吹き去ってようやく気づくまで
お察し身 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓温まったポンシュと身勝手な赤ら顔 酔っ払って呑舟としけ込めば乗車拒否 あくびは深呼吸  こちらへおいで 無礼が礼儀の思考の放棄農地へ こちらへおいで 立ち入りは禁止のはずのエリア  合わせ吞む清濁 汗だくのままかっこむとぶっ飛ぶ 手前味噌の軽ん汁も 論じる時間を尊べば引っ込む  お察し身をいただこう  で呑んで呑んで呑んで 呑んで呑んでろんでろん  温まったポンシュと身勝手な赤ら顔 酔っ払って呑気を気取ってみても剣呑 あくびは深呼吸  こちらへおいで 無礼が礼儀の思考の放棄農地へ こちらへおいで 立ち入りは禁止のはずのエリア  合わせ吞む清濁 汗だくのままかっこむとぶっ飛ぶ 手前味噌の軽ん汁も 論じる時間を尊べば引っ込む  お察し身でいきましょう  いったん我慢我慢我慢 我慢の曼荼羅  温まったポンシュと身勝手な赤ら顔 ビッグニュース呑吐こい酒乱の正負と嘔吐 あくびは深呼吸
あたりまえ 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓難解なものを選びながら 簡単なことで躓きながら  あたりまえだった  交差点みっつの灯りが 眩しすぎて白く見えた  自分の有り様もあなたの抱き方も いずれまたそれの問い合わせも できるかもしれない  あたりまえに いつでも話聞かせて あたりまえに わたしを出迎えて  耐えがたい悲しみはあたりまえ ほとばしる喜びもあたりまえ 意味不明の気まずさもあたりまえ よみがえる可笑しさもあたりまえ  あらゆる獲物は分け合いましょうか
88 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓洗濯物が揺れている おひさま吸い込む布団がひとつ 叩くほどに音が出る 舞い上がる埃が光って光って光って見える  飛びたいあの空の奥を見たい それ踏み込めペダル 名も知らないお玉杓子見つけては どしどし追いかけ回す  トーストちょっと残してる ここ数日どうしてか心がふたつ 隣り合わせの白黒がつかないまま あなたに触れる  背中を押した1の指 道を示した2の指 どこで覚えた3の指 縁を結んだ4の指  約束をしよう  やりたいことは何でもやってやろう それ踏み込めペダル 間違うのが怖いけど止まらない どしどし踏み込むペダル  洗濯物が揺れている おひさま吸い込む布団がみっつ 叩くほどに音が出る 舞い上がる埃が光って光って光って見える  飛びたいあの空の奥を見たい それ踏み込めペダル 耳貸しなでかい拍手聞こえたかい どしどし追いかけ回そう
うれいらずたのぼー 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓多摩川には ビルも建たない 燃え上がる町を縫うように ひんやりと涼しい  川を渡れば何も聞こえぬ 金句のような便所落書き 黄昏に溶けながら ひっそりと鳴っている  うれいらずたのぼー
忘れる 新曲MONO NO AWARE 新曲MONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓ペンキのはげた壁紙をめくるのが 楽しくて涙も引っ込む  着陸間際の航空機を探す 双眼鏡で 胸が高鳴る  ありのまま全てを受け入れられたら まともな答えは必要ないのに  忘れる  屋上に消えたバレーボールを見捨てる 見つかる前に あの時はごめん  攻略間際のゲーム機を投げ出す あなたに会える それだけで十分  ありのまま全てが浮かんで消えたら 複雑な記憶は必要ないのに  忘れる  水面の上を走る電車で 街を出て行くあの子は誰 からかい気味に肩を叩いて 駆け抜けていくあの鬼は誰だ  あのいつか溺れた浅瀬さえも 今は腰の高さで揺れている しかしながらあの瞬間のニュアンス 覚えてる  もともとどんなだ 今でいうどんなだ  ありのままいたいなと つくづく思うけど ありのままがそもそも 何だか分からない  ありのまま全てを懐かしがるうちに 宝物みたいな思い出ひとつずつ  忘れる
アングルMONO NO AWAREMONO NO AWARE玉置周啓玉置周啓MONO NO AWAREアングルが変われば 思ったより猫背だなって気づくかしら 願ってたよりいいところにいるかしら  夕日はほんとは沈まないのよ 地球の裏側に消えていくだけ  それならそれでも別にいいけど この目に映った夕日が沈むのには 変わりないわ  アングルが変われば 思ったより猫背だなって気づくかしら 願ってたよりいいところにいるかしら  あの日に伝えたことは嘘よ ああ言うしかなかったの  大人になるほど他の誰かの 命を過ごした気持ちになるけれど 知らないわ  来年の夏の浜辺を もう思い出しているの? 幼稚園の帰りの曲がり角に いつかまた立つの?  そこから見た陽の行方なんて誰も 知らないわ  アングルが変われば 思ったより猫背だなって気づくかしら 願ってたよりいいところにいるかしら  アングルが変われば よりもっと複雑なことに気づくけれど アングルが変われど 自分が選んだ目線はひとつだけのままよ
このアーティストのアルバムを見る

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. さよーならまたいつか!
  3. Dear
  4. 366日
  5. ライラック

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. CONNECT
  2. About You
  3. ベガとアルタイル
  4. NOW
  5. 愛だけがあればいい

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×