ジャケ歌:ビーイング系アーティスト - 歌ネット

contents
SMAP トレンディードラマ ビーイング系アーティスト プロデューサー エイベックスレコード ビジュアル系バンド ASAYAN 歌姫
 
 
Being(ビーイング、後にJ-disk)とは1978年に、作編曲家として活動していた長戸大幸氏が設立した音楽制作会社で、織田哲郎と組み、TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」や「サマー・ドリーム」、B.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」、大黒摩季の「チョット」、DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」など1993年を最盛期とし、90年代にヒット曲を連発しオリコンチャートの上位を席巻した。中でも、ZARDの「負けないで」が24時間テレビで歌われたり、中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」など印象的な曲を多くリリースしている。 これらのBeingで制作される楽曲を「ビーイング系サウンド」と呼んでいた。

 そのサウンドの特徴としては、キャッチーで印象的なメロディーラインに、爽やかさやロックの洗練されたサウンドで、大衆受けするポップスの王道的曲作りで、初期のB'zにTM NETWORKを、TUBEにサザンオールスターズ、倉木麻衣に宇多田ヒカルを意識させた戦略的なサウンド作りは有名である。また、初期の作品には曲タイトルの付け方にも特徴があり、B'z「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」や、大黒摩季の「別れましょう私から消えましょうあなたから」など、サビの出だしの部分をそのままタイトルにするという特徴がある。
   
作曲家、音楽プロデューサー、シンガーソングライター

TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」や「サマー・ドリーム」、B.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」、大黒摩季の「チョット」、 ZARDの「負けないで」「揺れる想い」、中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」、DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」など93年頃にBeing系の数々のヒット曲を量産する。1990年代後半は相川七瀬らのプロデュースとプライベートレーベルで活動。現在は、上戸彩やKinKi Kidsなどに楽曲を提供している。

その他のビーイング系の作詞家・作曲家・アレンジャー
 
作詞:稲葉浩志(B'z)、坂井泉水、小田佳奈子、牧穂エミ、AZUKI七
作曲・制作:松本孝弘(B'z)、長戸大幸、大野愛果、織田哲郎、徳永暁人、栗林誠一郎
アレンジ:明石昌夫、葉山たけし、池田大介、徳永暁人、古井弘人



 
TUBE B’z ZARD
WANDS 大黒摩季 T-BOLAN
ZYYG FIELD OF VIEW B.B.クイーンズ



コンプリート・オブ・織田哲郎
at the BEING studio
¥1,995(税込)


ベスト オブ ベスト~ALL Singles Collection 大黒摩季
¥2,905(税込)


コンプリート・オブ・WANDS
at the BEING studio
¥1,995(税込)

ZARD BEST~Request Memorial~ ZARD
¥2,905(税込)

歌ネット内で使用しているジャケットなどの画像や歌詞に関する著作権は、各レコード会社、アーティストなどに帰属するものです。
Copyright(C)2001-2014 PAGE ONE All Rights Reserved.