アイビーカラー

憧れの高校生活を、君と過ごしていたいと思った。

 2020年11月25日に“アイビーカラー”がニューミニアルバム『WHITE』をリリースしました。大人になってしまった今だから思い返すあの頃、あの場面。もう戻ることが出来ないあの頃…。男女混成4人組ノスタルジックピアノバンドが「君と僕」の間に住む愛を描きます。透明感のある歌声、男女四声で展開するコーラス、ストリングス、鍵盤の音色をじっくりとご堪能あれ。
 
 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“アイビーカラー”の佐竹惇(vo.)による歌詞エッセイを2日連続でお届け!今回はその【前編】です。綴っていただいたのは、彼らの“とある1曲”のお話。みなさんは学生時代、どんな生活を送っていましたか? そして、どんな恋愛をしていましたか? 是非、それぞれの“あの頃”を思い出しながら、このエッセイを読んでみてください…!

~歌詞エッセイ【前編】:デビュー~

どうも、アイビーカラーのボーカル、佐竹惇です。もう26歳になった。3ヶ月後には27歳、時間の流れは残酷すぎるくらい早い。おい、アラサー。と面と向かって言われる準備はまだ整っておりません、多分キレます。

今回はこうやってエッセイのお話を頂いたので、アイビーカラーのとある1曲を題材として自分なりに書いてみようかな思います。

--------------------------------------

高校1年
中学の時とは比べ物にならないくらい沢山の同級生
少し古びた大きな校舎
先輩が大きな声を出しながら
走り回っているグラウンドの景色

中学の部活で使っていたエナメルバッグに
新品の教科書を詰め込んで
桜が一瞬で散ってしまった木々の下を歩く。
下校時にはたくさんの同級生の姿。

高校1年生マジックという言葉でもあるのだろうか
他校からきた女の子はもれなく全員可愛く見える。
そんな魔法にかからないように過ごしていても

とりわけ目についてしまうひとりの女の子がいた。

5月になった、友達も結構できた。
お調子者の男子が「1年生で可愛い女の子ランキング」的なものをつけてる。
興味がないフリをしつつ、
ちっちゃな紙に書かれた10位までを横目で見てみる。

ランキングにあの子の名前はなく、
ホッとしてる自分と
「いやなんで圏外だよ。」
とちょっと怒ってる自分がいた。
15歳の男心は本当に単純なもので、
じゃあいけるかも!?なんて。

席は離れていたけどたくさん話かけてみた。
部活のこと、勉強のこと、嫌いな先生のこと。
休み時間で君と話したことを
授業中に頭でリプレイしてニヤける僕。

6月になり周りに彼女ができはじめた。
「体育祭までには彼女つくっとけよ~」
なんて言ってくる友達。
ムカつきながらも、なんだか少し大人に見えて
かっこよく思えてしまう自分がいた。

「付き合うってみんな何をしてるんだろう」
そんなことが頭によぎっても、もう止まらなかった。
憧れの高校生活を、君と過ごしていたいと思った。

呼び出した校舎裏の階段
訳もわからず
見よう見まねで


人生ではじめての告白を君に捧げた。

<アイビーカラー・佐竹惇>

◆4th Mini Album『WHITE』
2020年11月25日発売

<収録曲>
1.東京、消えた月
2.カフェ
3.L
4.冬のあとがき
5.GIRLFRIEND
6.夏空
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
アイビーカラーのうたコラム一覧