言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きしてご紹介していくこのコーナー。
今回は、V6や玉置成実、中森明菜などの作詞やバンドのリリックプロデューサーとしてご活躍されている「夏ノ芹子」さんをゲストにお迎え致しました。

夏ノ芹子

代表作

中森明菜 / 「APPETITE」
玉置成実 / 「Ready Steady Go!」
ji ma ma / 「ジュゴンの飛行船」
その他多数。

作詞論

楽曲として完成したときに、言葉が風景になって浮き上がるものを書きたいです。
そして、伝えたいことを心を込めて書く。最後に楽しい気持ちで書けた、という手応えがあるまで自分を掘り下げ書き重ねると、できたものが充実すると思います。

夏ノさんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:
中学生のころから、遊びで作詞作曲をしたりバンドを作ったりしていたのですが、自分が作りたいものと作ったものに差がありすぎて、人生経験が足りないのだろうと一度忘れることにしたんですね。そして何年もたったときに、書きたい気持ちを思い出したので、始めました。
Q:
プロ、初作品について
A:
吉田栄作「いつだって今が始まり」
(もしかしたら違うかな…あまり覚えていなくて。スミマセン)
Q:
作品を提供したいアーティスト
A:
すべての方へ、です。
Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:
売り上げはともかく、アルバムに入っているRUN&GUN「みんなのゆめ」
カップリングだったMAX「UNFORGETTABLE」。
Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:
幼い頃に何度も引っ越しをしたのですが、そのたびに自分の世界がすべて壊れる理不尽と絶望をそっと感じていたんです。そして中学一年のとき、バスケット部のみんながお別れ会で歌ってくれた歌声に、すごく救われてから、歌のちからを信じるようになりました。
具体的なきっかけはこの時の歌ですが、10歳(たぶん)のとき、思い描いた将来なりたい職業3つのなかに入っていました。それは意味もなく、だったと思います。
Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:
ボイストレーニングを受けたり、楽器を練習したりしてみると、自分の言葉が音楽になる瞬間があります。その実感を手に入れてください。
歌詞を見る 夜明けのヴィーナス 藤澤ノリマサ

特にこのワンフレーズは、頭で考えずに書いたんですが、考え抜いたフレーズに見えるので、書き終えてからびっくりしました。

■私の好きなあのフレーズ
「運命が運ぶ命を ふたりで生きていこう」

PROFILE

夏ノ芹子Seriko Natsuno (夏野芹子)

東京都出身。AB型。7月26日生まれ。
編集者、ガラス作家を経て、作詞家・リリックプロデューサー
【主な提供アーティスト】
V6 TOKIO 少年隊 藤澤ノリマサ 藤木直人 玉置成実 中森明菜…etc

スマイルカンパニー所属

[CDリリース情報]

Dezille Brothers
「だしの取りかた」

KICS-1645 ¥3,000(tax in)
2011.03.02 Release
M-3:「Eyes On Me」
M-11:「奇跡の庭」

藤澤ノリマサ
「希望の歌〜La speranza〜」

MUCD-1242 ¥3,000(tax in)
2011.02.09 Release
M-6:「朝日と夕日のような君と」
M-12:「春の願い」

【これまで登場した作詞家さん】バックナンバー