言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」、「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きして、毎月、紹介していくこのコーナー。
今回のゲストは、Crystal Kay「きっと永遠に」「あなたのそばで」、BoA「Diamond heart」などの作品を手掛けている「西田恵美」さん。描かれる作品は、ストーリー性を持ち、映像イメージのある世界が特徴です。

西田恵美

代表作

「きっと永遠に」「あなたのそばで」 / Crystal Kay
「Diamond Heart」 / BoA
「Monologue」 / CHEMISTRY
「Heroine」「Daybreak」 / 玉置成実
「clover」 / hiro
「夏の終わりの午後」 / 大澤誉志幸
「遠く離れても」「この胸にずっと」 / 高杉さと美
「記憶 −Last Forever−」 / 中孝介 feat. 韓雪
「太陽の女神」 / 藤澤ノリマサ
「euphoric field」(English Version) / ELISA
 その他、多数。

作詞論

私にとって作詞と映像イメージは切り離せないものです。
メロディーからストーリーと映像イメージを膨らませ、
頭の中でショートフィルムを完成させます。そして
メロディーに心を重ねるようにして言葉を紡ぎます。
描く世界を色鮮やかに伝えられる作品作りを心掛けています。

西田さんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:
本格的に作詞家として活動するようになったのは、
所属事務所(スマイルカンパニー)との善き縁で。
Q:
プロ、初作品について
A:
PIPO☆Angel's「勇気チャージ☆ラブ」を共作で。
単独では、玉置成実さん「悲しみのバレンタイン」と
「High School Queen」(同時収録)。
Q:
作品を提供したいアーティスト
A:
JazzやBossa Novaテイストの曲を雰囲気を持って
歌われるアーティストさんに。アルバム曲すべてを
手掛けるなどして、どっぷりと浸ってみたいです。
Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:
Sister Qの「Night and Day」。
TBSドラマ「Mの悲劇」の主題歌です。
極めて個人的な理由からなのですが、
想い入れが深く、一生忘れない作品となりました。
Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:
私にとって物を書くことは生きる術と証であり、
作詞はその表現方法のひとつでした。
そしてやはり音楽が好きだから。
Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:
技術的なことは人それぞれですので、
独自の作詞法を編み出して下さい。
諦めない心と努力の積み重ねで道は開かれると思います。
歌詞を見る この胸にずっと 高杉さと美

敬愛する音と歌の匠・大澤誉志幸さんからお話を頂き、
デビュー前の高杉さと美さんにお会いして書きました。
名曲「そして僕は途方に暮れる」の女の子のその後を
歌ったもので、終始“私らしさ”で綴られた作品となりました。
歌入りの音源を海辺で何度も聴いたときの景色が
今も胸に焼きついている、お気に入りの一曲です。

■私の好きなあのフレーズ
「大人になるたび 少しずつ 大事なもの
失くしながら 痛みを知ってゆくのね 切ないほど」

PROFILE

西田恵美Emi Nishida

幼少時よりフランスやアメリカなどの音楽・映画に興味を持つ。
高校卒業後、進学のため渡米。卒業後、帰国。
この頃から詩、小説、脚本の創作を始める。
英会話学校教師、映画制作、脚本の仕事などを経て作詞家へ。
作品はストーリー性を持ち、映像イメージのある世界が特徴。

スマイルカンパニー所属

[CDリリース情報]

BoA
「THE FACE」

AVCD-23499 ¥3,059(tax in)
2008.02.27 Release
M8:「Diamond Heart」

藤澤ノリマサ
「VINCERO」

MUCD-5138 ¥1,260(tax in)
2008.08.27 Release



ELISA
「HIKARI」

GNCA-0090 ¥1,260(tax in)
2008.05.21 Release

大澤誉志幸
「Season's greetingsⅡ〜夕凪」

UMCK-1267 ¥2,500(tax in)
2008.10.15 Release
M3:「夏の日の永遠」

【これまで登場した作詞家さん】バックナンバー