ある夏の一日

織田哲郎

ある夏の一日

作詞:織田哲郎
作曲:織田哲郎
発売日:1993/12/23
この曲の表示回数:9,555回

ある夏の一日
もうすぐ夏の終わりねと君は 独り言みたいに 小さくつぶやいた
遠くで子供達の 笑い声が聞こえる
僕はよじれた煙草 ポケットから出して 火をつけた

そっと目を閉じれば 今もあの日と同じ
潮風が2人の 季節を思い出に変える

どこまでも青い空に溶けてゆく 波の音に時が まどろんでゆく
なんだか久しぶりに 2人で海を見たね
あんなに激しい日々が 今は嘘のよう

きっといつまでも 君を愛してゆける
もしもこの恋が 終わったとしてもきっとずっと

君に出会えてよかったと思う
何一つ言葉にできないままだけれど

そっと目を閉じれば 今もあの日と同じ
潮風にはしゃいで 手をふる無邪気な君がいる

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

この曲のフレーズを投稿する

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません