この曲の表示回数 21,575
歌手:

大黒摩季


作詞:

大黒摩季


作曲:

大黒摩季


輝いていたいよね いつも笑っていたいよね
部屋の隅のグリーンも元気だし

でも 夢見てた友達が諦めて収まった
勇気づける心のどっかでホッとしてたりして

今なら 海へ向かうバスに間に合う
今度だけは見過ごしちゃいけない気がする

青い空の下でもう一度
つばさを広げて
一度しかないLife
そうだよね もったいないよね

愛されていたいよね 本気で愛してみたいよね
小さなブランコが揺れてる

でも あの人はワタシの運命のひとだろうか?
本当はわかってるクセに 不安で面倒で

いつだって近所の公園で迷ってばかり
傷つけたくない じゃなくて傷つきたくないだけ

赤い空見上げていつまでも
熱い風に吹かれて
こんなに自由なのに
飛ばないなんて 悲しいじゃない

今なら 海へ向かうバスに間に合う
今度だけは見過ごしちゃいけない気がする

青い空の下でもう一度
つばさを広げて
一度しかないLife
思うように生きてみよう

赤い空に抱かれてどこまでも
風を追いかけて
歩き慣れた道に背を向けて走ってみよう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空 歌手:大黒摩季

大黒摩季の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-28
商品番号:JBDJ-1028
ビーグラム

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP