ロックスター

この曲の表示回数 20,337
歌手:

Galileo Galilei


作詞:

尾崎雄貴


作曲:

尾崎雄貴


青い春の 色に染まり 宇宙について考える
えっとそれは 君を夢を大事に出来るかってこと
抱え込んで かき消して これくらいなら耐えられるよ
消し粕は 張子みたいなスカスカの時間に流された

言葉は一人歩いて 弱音に転んでいく
振りまわした白旗が 君の目に映るはずもないや

ロックスター 青臭いにおい
ステージの上にいない僕らは
ロックスター 目に焼きついた
君の姿を信じていたいよ

逆らうかもしれないから 巣立ちの朝の準備して
せめてギターとそれから君の歌を持っていくよ

つま先も見えない日々 泥にまみれた道さえも
愛して歌った君に 僕の声が届くように

落ち着かない足が重なって離れた
走り出したその先を想い描いていた

ロックスター 歪んだ音
ステージの上に上る僕らは
ロックスター 目に焼きついた
風景を見渡して
ロックスター タンバリン持って
ステージの上で祈る僕らは
ロックスター 目に焼きついた
自分の姿信じていたいよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ロックスター 歌手:Galileo Galilei

Galileo Galileiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/02/24
商品番号:SECL-848
SE

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP