プラットホーム

この曲の表示回数 3,505
歌手:

ケイタク


作詞:

ケイタク


作曲:

ケイタク


並んでいる孤独がホームに溢れる
僕は今日もダメでした
苦笑いさえ出来ずに

心のない目線同士が何度も交わるだけの狭い街を駆けぬけ
一人きりの部屋へ

すべてを忘れて始まりの景色にまだ立っていれるかな
そうまだやれるはずさ

新しい風が吹いた 僕はまた走っていた
昨日よりちょっとだけ素直に 今を生きるんだ

あまり聴こえなくなったね 明るい話題の中で
今日も笑っていれたんだ それだけでいいのかも
何か一つを選べば 何かを失うだけの世界がそこにあって
僕はそれを繰り返してる

どこかへ流れて消えゆく雲のように自由でいたいんだ
そして空の向こうから

新しい光が射した 僕は前を向いてゆこう
明日はもっと笑ってるイメージを持ちながら

新しい光が射した 僕は前を向いてゆこう
明日はもっと笑ってるイメージを持ちながら
今を生きるんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:プラットホーム 歌手:ケイタク

ケイタクの新着情報

  • 夕暮れ時に何思ふ / ♪突然のどしゃぶりマイッちゃうね
  • カンマ / ♪夏の終わりを告げる少し
  •  / ♪いつしか曇って落ちる汚れた
  • 憧憬 / ♪いつもと同じ道を抜け君のいる
  • お見合う / ♪明日君と少しだけの間

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP