試聴する

眠りの森 (Authentic Session with 秦基博)

この曲の表示回数 9,598
歌手:

冨田ラボ


作詞:

松本隆


作曲:

冨田恵一


まどろんでるよ ぼくの手を枕に
痺れた手を1ミリずつそっと引き抜く

息が洩れるくちびるが可愛い
目覚めてると憎まれ口ばかりだけどね

自分の生き方貫く君は
そう時には
ぼくの魂を無意識のうちに
破くこともあるんだ

でもこうして眠りの森へ
彷徨う君はとても無防備
小舟に横たわってる
妖精のように…
流星雨の音が響いている

出逢った頃 距離なんてなかった
近づくほど遠のいてゆく君を感じた

負けず嫌いがね 二人もいると
もう疲れる
弱さを見せあい かばいあえた時
それを愛と言うんだ

ほら寝言で何か言ってる
聞き取れなくて耳をすました
上下をする胸の線
たまらなく愛しい
流星雨の音が響いている

でもこうして眠りの森へ
彷徨う君はとても無防備
等身大の無邪気さ
ほんとの君がここにいたんだ
小舟に横たわってる
妖精のように…
流星雨の音が響いている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:眠りの森 (Authentic Session with 秦基博) 歌手:冨田ラボ

冨田ラボの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP