試聴する

ハート変奏曲「夢幻」第1番 恋ハ短調

この曲の表示回数 5,062
歌手:

森尾由美


作詞:

森雪之丞


作曲:

萩田光雄


昔 恋に傷ついた少女が
その身 投げた伝説の湖
あなた待ちながら 散らす花びらが
蒼い水面をさまよう

息をきらし あなた駆けてきてね
踊りながら 胸に飛び込むから
風はピアニシモ 夢はアンダンテ
恋のシンフォニーにさらわれたいの

でもでもなぜなの
2時間も待たすなんて

ぽつり落ちた雨の糸が
目頭を濡らして
恋心を映すように
森も泣いてる

心の全てを
手紙に認めたのに

早く早く優しく抱きしめて
こんな痛み生まれて初めてよ
風はピアニシモ 夢はアンダンテ
甘い旋律(メロディ)聞かせて

ぽつり落ちた雨の糸が
目頭を濡らして
恋心を映すように
森も泣いてる

(セリフ)
冷たい夜を あといくつ過ごせばいいのでしょうか

きっとわたし恋を恋するだけ
寒い季節迷いこんだ少女
出した振りをしたあなたへの手紙
風にやぶりすてて そっと微笑む
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ハート変奏曲「夢幻」第1番 恋ハ短調 歌手:森尾由美

森尾由美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/15
商品番号:PCCS-70
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP