試聴する

さよならを風に乗せて

この曲の表示回数 5,245
歌手:

あべ静江


作詞:

奥山圭三


作曲:

奥山圭三


私ひとりで 乗ってしまった汽車は今
走り始めたところ
きのうまでの思い出と 別れてきた
見送る人もいない

悲しすぎるはずなのに
胸がいたむはずなのに
なぜか不思議ね 朝のせいね
少し眠いだけなの

窓を開ければ 新しい今日の風
さわやかに ほほを打つ
少し大人になったみたいな 気持よ
あの人はどうかしら

さよならを風に乗せて
なにもかもみんな忘れ
悪い女と 言われるかしら
とてもさっぱり してるの

さよならを風に乗せて
なにもかもみんな忘れ
悪い女と 言われるかしら
とてもさっぱり してるの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよならを風に乗せて 歌手:あべ静江

あべ静江の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-07-15
商品番号:PCCS-72
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP