夏の終りに

この曲の表示回数 10,058
歌手:

アリス


作詞:

矢沢透


作曲:

矢沢透


弱くなった夏の陽が傾く頃
わずかばかりの荷物を手にとって
君が住みたいといつも言ってた
緑の多いこの街に来た
時を共にして想い出をつみ
重ねた日の暮しを君に残して

草の上に寝ころび空を見てると
この出来事がとても小さく見える
こんなにも深い悲しみでさえ
やがては時の中、沈み流れる
どれほどに深い悲しみがあれば
時は流れを止めるというのだろう

真新らしいペンキの匂いがしてる
荷物のほかは何もないこの部屋で
君といた頃と同じように
あわただしい日々が始まるのでしょう
黄昏が広がり涼しく風が吹き
ぬける秋の吐息はもうすぐそこまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の終りに 歌手:アリス

アリスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-11-28
商品番号:TOCT-10817
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP