試聴する

夙川 -しゅくがわ-

この曲の表示回数 4,881
歌手:

少年カミカゼ


作詞:

和教


作曲:

和教


夙川の風 今回も優しく髪をなでていった
バスに揺られて 手を繋いで 何度も来たよね。
昨日はごめん 電話の向こうあなたを遠く感じたの
本当の気待ち 伝わらなくて 手紙を書きました。

二人はいつも 不器用すぎて
すれ違う 季節の真ん中で

あなたのそばにいれば何も怖くなかった
素直じゃないあなたは愛してるが言えない

なつかしいね 樋の池公園 よくお茶したベンチで
飲めないコーヒー無理して飲んで 子供みたいなあなたで

ちぎれやすくて 壊れやすくて
何故か とても暖かくて

涙がこぼれるほど 人を好きになること
気付いたの アナタはかけがえのない人

心知らずに 想い満たずに
募るあなたへの轍

あなたのそばにいれば何も怖くなかった
見上げた流れ星 今すぐ逢いたいよ
きっとこれは恋じゃない もっと大切なもの
素直じゃないアタシは愛してるが言えない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夙川 -しゅくがわ- 歌手:少年カミカゼ

少年カミカゼの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-08-20
商品番号:VICL-62926
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP