試聴する

響き合うぼくらの呼び声

この曲の表示回数 4,116
歌手:

HARCO


作詞:

青木慶則


作曲:

青木慶則


コスモスの道を駅まで歩いた
去り行く季節の歌を聴きながら

汗ばむ背中で受け止めた声に
僕はちっとも気付かずに鼻を鳴らした

誰かの手が はずす僕のイヤフォン
振り向けばそこに 得意げな君の顔

響き合うぼくらの呼び声に
重なり始めた街のざわめく音

思い付く言葉をつないでは
君の声を聴きながら、胸に手を当てる

バイパスを越えて届く風よりも
ぼくらの話が途切れないように

大きな身振りで黄昏を隠す
だけどちょっぴり空回り 肩を落とした

駅の方から 押しよせた人波に
飲み込まれながら 腕を伸ばした二人

響き合うぼくらの呼び声を
遮りつづける列車や車の音

言いかけた言葉を乗せながら
イヤフォンの奥ではずっと歌が流れてた

思い付く言葉をつないでは
君の声を聴きながら、胸に手を当てる

響き合うぼくらの呼び声…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:響き合うぼくらの呼び声 歌手:HARCO

HARCOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-05
商品番号:MTCA-3011
PSC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP