試聴する

花街三味線

この曲の表示回数 8,947

芸は売り者 からだは自前
なんで捨てらりよ むざむざと
色と欲とがからまる裾を
粋にさばいて 生きていく
わたし花街 女郎花[おみなえし]
胸に一途な 恋をだく
きみを誰にもやりたくないと
泣いて私を 抱いたひと
こころゆさぶる そのひとことの
殺し文句に つまずいて
横に倒したスタンドの
灯りまぶしい 片夜妻[かたよづま]
わざと離れて 噂をよけりゃ
男ぎらいと ひとは言う
どうせ私は 三味線草の
花のさだめとあきらめて
あなた坐った 座布団の
温み両手で抱きしめる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花街三味線 歌手:金田たつえ

金田たつえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-23
商品番号:COCP-32713
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP