試聴する

Ability→Normal

この曲の表示回数 17,060
歌手:

Dragon Ash


作詞:

降谷健志


作曲:

降谷健志


おもちゃのピストルを取り合ってた頃 思い出してくれないか
嬉しさにとらわれ過ぎてキミの足を打ち抜いた

君は少し笑ったふりをして僕の腕をつねってた

長すぎた冬が終わりを告げて 今僕に強く印象づけた
刺すような痛みに似たものとあとは君の泣き声で

君は少し笑ったふりをして無力さを嘆いてた

凡人達は互いを罵って 少しずつ人を見下していった
そしてありふれた小春日和には 友達と話つづけているだけ
夕暮れがキレイな日にあった人 権力のあるお偉い政治家や
才能豊かな僕の友達や 子犬と同じくらい弱気な僕

そんな僕達は過ごしていく
こんな毎日を過ごしていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Ability→Normal 歌手:Dragon Ash

Dragon Ashの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997/04/23
商品番号:VICL-60014
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP