悲しみのJODY(She Was Crying)

この曲の表示回数 43,991
歌手:

山下達郎


作詞:

山下達郎


作曲:

山下達郎


JODY 君となら
きっとわかり合えた
ひと夏が過ぎ去った
浜辺は
もう誰もいない

JODY 悲しみを
消してあげたかった
一人きり泣いていた
姿を
僕は見てた

君の肩を
そっと抱いて
歩く夢 今も
残っているのさ
ずっと…

JODY 君の事
もっと知りたかった
だけど もう遅過ぎる
OH JODY
二度と会えない

君の事
忘れない
いつまでも
OH JODY
君を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:悲しみのJODY(She Was Crying) 歌手:山下達郎

山下達郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-02
商品番号:WPCV-10020
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP