試聴する

Pansy

この曲の表示回数 7,746
歌手:

SUEMITSU & THE SUEMITH


作詞:

SUEMITSU atsushi


作曲:

SUEMITSU atsushi


公園の木漏れ日は未来を惑わしていく予言
土の中沈む魂…芝の上浮かんでいる男

窮屈な日曜日の退屈な太陽の光
ガムのカスとため息を天国に吐き出して

何か起こったなら最高に今幸せ
“Goin' on, rockin'on” 響き渡ったハイスクール
全て無くしてもきっと構わないのかも
誰の何が羨ましいのか…?

花の匂いに咽せ返って―

子どもたちの歓声と夏が近づいて来る
まるで深い森のモッキンバード
世界を呑込んでいく力

窮屈な日曜日の退屈を遡る時間
背中の黒い影が地獄を転がっていく

馬鹿は何が羨ましいのか…?

嫌気さした午後に
それは明日の為の秘密の逃避行…終えたなら
踵が希望に鳴る年寄り染みた夢か

「たまには奇跡なんて起きても悪くないのに」

そう思うんだよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Pansy 歌手:SUEMITSU & THE SUEMITH

SUEMITSU & THE SUEMITHの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-21
商品番号:KSCL-1164
KRE

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP