試聴する

7月7日

この曲の表示回数 21,880

ぼくたちは 遠い空から来て
また明日 ここであえるのだろうか…
一人きりで 君を待ってるのは
もうイヤだよ 夜に食い殺されてしまうよ

言葉なんか 並べたって
君に届かないから
破裂してしまいそう
ねぇ どうすればいいのだろう?
夜のはずれで 星がゆれている

余計なこと 何も知りたくない
夜のヤミで ぼくらをそっと隠して…
サヨナラは いつかやって来るから
手を振るのは その時一度だけでいい

叫んでも ぼくの声が
君に届かない時
明日を待てばいいの?
ねぇ どうしたらいいのだろう?
風がクスクス ぼくを笑ってる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:7月7日 歌手:スガシカオ

スガシカオの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-06
商品番号:AUCK-11007
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP