ひとりのクラブ

この曲の表示回数 19,478
歌手:

石原裕次郎


作詞:

なかにし礼


作曲:

大沢俊郎


傷つけあうのが つらくって
お前と別れて みたけれど
淋しいぜ ひとりのクラブ
まぼろしを 抱きよせて 飲む酒は
あゝ
あんなに愛してくれたお前だもの
忘れられなくたって 無理もないさ

踊っていながら すすり泣き
背広をぬらした あの涙
今宵また ひとりクラブで
思い出を かみしめて 飲む酒よ
あゝ
あれほどつくしてくれたお前だもの
おれが泣けてきたって 無理もないさ
無理もないさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりのクラブ 歌手:石原裕次郎

石原裕次郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-23
商品番号:TECE-28478
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP