ひとりのクラブ

石原裕次郎

ひとりのクラブ

作詞:なかにし礼
作曲:大沢俊郎
発売日:2004/06/23
この曲の表示回数:29,920回

ひとりのクラブ
傷つけあうのが つらくって
お前と別れて みたけれど
淋しいぜ ひとりのクラブ
まぼろしを 抱きよせて 飲む酒は
あゝ
あんなに愛してくれたお前だもの
忘れられなくたって 無理もないさ

踊っていながら すすり泣き
背広をぬらした あの涙
今宵また ひとりクラブで
思い出を かみしめて 飲む酒よ
あゝ
あれほどつくしてくれたお前だもの
おれが泣けてきたって 無理もないさ
無理もないさ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません