試聴する

びくに

この曲の表示回数 6,755
歌手:

Kagrra,


作詞:

一志


作曲:

Kagrra,


樹々を揺らす水面 弧状に映える月
風の音色さえも 聴こえそうな闇夜に
まるで腔を這う様な 能面の向こうの
其の眼は紅く燃ゆる 焔を頭して

鏑を番えて その怪しく揺らめく
憎きを射抜けば 来世は開ける
光を承けて 眸を綴じて 心を斬れ

明日は遠く 届かねど 眉間を 歪めて
求む未来は双手を寛げ 微笑んでる

時は幾度も廻れど また繰り返す道を
逢えど二度繰り返してく

まるで腔を這う様な 能面の向こうの
其の眼は紅く燃ゆる 焔を頭して

鏑を番えて その怪しく揺らめく
憎きを射抜けば 来世は開ける
光を承けて 眸を綴じて 心を斬れ

明日は遠く 届かねど 眉間を 歪めて
求む未来は双手を寛げ 微笑んでる

時は幾度も廻れど また繰り返す道を
逢えど二度繰り返してく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:びくに 歌手:Kagrra,

Kagrra,の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/02/01
商品番号:COCA-15837
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP