グランドライン

この曲の表示回数 8,639
歌手:

plane


作詞:

菊地佑介


作曲:

plane


もう終わりとわかってしまう
シナリオじゃなくて
幾度となく高い壁が僕を待っていて

かすれてゆくこの声が不安にさせるけど…

僕らは限りある彼方へと広げる景色がある
踏み出す次のその足音が新たなドアをたたく
積み上げたその先にまだ見ぬ光があるから

「あと少し」と誰かの声
背中を押すように
ずっと奥のまだ向こうに秘めている力は

動けなくなった君をいま導いてくれるから
明日へ…

いつか来る闇のまだ向こうへこの腕を動かして
つま先から上手く未来へと言葉を運ぶ獣
ゆっくりと目を閉じて消えない意識が
そこにはあるから…

僕らはすぐそばにある闇を恐れず眠る獣
揺れ動く理想と現実をひとつの色に変えて

僕はまたいつものこの場所に立ち
「またね」と手を振った
君にもさ帰る場所 必ずあるから
もう振り返るな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:グランドライン 歌手:plane

planeの新着情報

  • Honey / ♪些細な言葉で傷つけあう僕らを
  • gauze / ♪この手放せないのは僕が君を
  • 幸せになる君へ / ♪あなたが生きてるただそれだけで
  • 明日、君に会える / ♪いつだって何だって僕は話してる
  • identity / ♪揺れるたび崩れてく形なき

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/10/12
商品番号:TFCC-89155
トイズファクトリー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP