流れおけさ節

この曲の表示回数 10,172
歌手:

橋幸夫


作詞:

池田充夫


作曲:

青山八郎


佐渡が呼ぶのか まつりの音が
きこえて来るよな 他国の船よ
飾る錦の みやげもなくて
胸で詫びてる その歌は
母に習った ああ おけさ節

お光 泣かせた あの佐渡情話
どうしていまさら この身を責める
今年いくつか 可愛い女は
ひとりくらして いると言う
想いかよわす ああ おけさ節

佐渡を写した まんまる月に
慕情の盃 重ねる夜さ
島の磯菊 花咲く頃は
せめて素顔で もどりたい
流れ流れの ああ おけさ節
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流れおけさ節 歌手:橋幸夫

橋幸夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP