女ひとり

この曲の表示回数 5,565
歌手:

大倉弓季


作詞:

武鹿順子


作曲:

加藤敏晃


雪が舞い散る 高山に
女ひとりの この部屋は
寂しすぎます 雪の宿
見せてあげたい 届けたい
切ない胸の 恋灯り

心乱れて あてもなく
傷を癒やしに 来たけれど
空しすぎます 三之町
遠くはなれて 尚更に
ひとり泣く夜の 恋未練

紅の橋さえ 色冴えて
夢をみるよに 架かるのに
哀しすぎます 飛騨の里
浮かぶ面影 抱きしめて
運命がにくい 恋灯り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女ひとり 歌手:大倉弓季

大倉弓季の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-09-22
商品番号:VIDS-30068
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP