女ひとり

大倉弓季

女ひとり

作詞:武鹿順子
作曲:加藤敏晃
発売日:1999/09/22
この曲の表示回数:6,453回

女ひとり
雪が舞い散る 高山に
女ひとりの この部屋は
寂しすぎます 雪の宿
見せてあげたい 届けたい
切ない胸の 恋灯り

心乱れて あてもなく
傷を癒やしに 来たけれど
空しすぎます 三之町
遠くはなれて 尚更に
ひとり泣く夜の 恋未練

紅の橋さえ 色冴えて
夢をみるよに 架かるのに
哀しすぎます 飛騨の里
浮かぶ面影 抱きしめて
運命がにくい 恋灯り

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

RANKING

大倉弓季の人気歌詞ランキング

大倉弓季の新着歌詞

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません