空の探偵

この曲の表示回数 5,663
歌手:

山本正之


作詞:

山本正之


作曲:

山本正之


大型の台風に 見舞われた夜中
セーターの上にオーバー その上にたんぜん
汗をがまんして 快晴を待ってた
九才の秋が 通り過ぎた
今、アスファルトの道を 歩いていると
足元の下から 伝わってくるよ
ここから出してよ 熱いよ 自由にしてよ
しゅくしゅくと生きてる 土の泣き声
人間の耳には聞こえない
電磁波のようなものが飛んで
アンドロメダあたりで回る
小さな球体に届けば
風の軍隊が 攻め込んでくるぞ 明日の星の天気予報

直下型の地震が 必ず起きるよと
新幹線のビュッフェで サラリーマンが予言する
汗をにじませて 一戸建を構えた
三十年の春が 通り過ぎた
今、86階の窓に手を添えたら
ノースウエストの機体が 線を引く
ここまでおいでよ 熱いよ チリをどけてよ
しゅくしゅくと生きてる 雲の涙
人間の瞳に映らない
光分波のようなものが飛んで
ベルセウスあたりで回る
きららな球体に届けば
水の皇帝が 治めにくるぞ 明日の星の天気予報

私がおもいっきり クシャミをしたら
机の上のノートが 5センチ移動する
そこに存在する 世界の様子は
台風 洪水 地震のさなか
そうだ、おんなじだ 星がひとつ流れたら
サバンナが生まれて  タイガが無くなる
OK そこから出してあげるよ 熱いね 自由にしてあげるよ
しゅくしゅくと生きてる 土も雲も
人間の胸にだけ感じられる
愛のち怒り時々やさしい
大マゼランあたりで回る
さやかな球体に届けば
空の探偵が 救けにくるぞ 明日の星の天気予報

人間の誰もが知っている
晴れのち曇り時々うれしい
湿度と温度と呼吸が回り
散りばむ球体に届けば
風の軍隊が 護りにくるぞ 明日の星の天気予報

人間のひとりに聞こえたら
人間のふたりの瞳にみえる
電磁波と光分波が飛んで
私の球体に届けば
水の皇帝が 抱きしめにくるぞ 明日の星の天気予報

空の探偵が 救けにくるぞ 明日の星の天気予報
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空の探偵 歌手:山本正之

山本正之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-01-24
商品番号:PICA-1085
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP