ひだまり。

この曲の表示回数 6,408
歌手:

藤木直人


作詞:

藤木直人


作曲:

藤木直人


夜明けの二人の部屋に 静かな朝が訪れ
時計の針は動き出す となりで眠る横顔を 起こさないようにそっと
息を潜めながら 見つめてる
僕が簡単に未来を 口にする度に
君は笑って誤魔化してばかりいたけど
ひだまりの中を肩よせて 歩いていきたい
不安になったらまたここに 戻ってくればいい
時には凍えそうな 雨の日が あっても
そんなことも 宝物だよ

夜更けの一人の部屋で 急に寂しくなったら
いつでも声を届けよう
人は誰も孤独なんだって 嘯いて強がったり
そんな弱さ全てを 受け止めてくれた

ひだまりの中を 肩よせて歩いていきたい
あきれるくらいすぐ側で 抱きしめていたい
穏やかな木漏れ日の 様な日々が 続いてく
そんなことが 宝物だよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひだまり。 歌手:藤木直人

藤木直人の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-11-21
商品番号:PCCA-01593
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP