夜想曲

Aldious

夜想曲

作詞:Rami
作曲:Rami
発売日:2011/10/12
この曲の表示回数:2,427回

夜想曲
秋夜を飾る淡い満月の光に照らされながら
瞳を閉じれば躰に響く鼓動は強くなる

漂う水面に映る月影を
指でなぞってみても
何も聴こえない
何も聞こえない
波音だけが、ざわめきを詠う

「私」の夜想曲よ
錆び付いた鳴弦の如く
心が緋い毒に侵されて散りばめられていく
「堕ちていく」

割れた鏡は孤独を映し、蒼く光り続ける
黒薔薇の棘が、朧月夜の影の代わりになる

満ちていく上弦の香りに誘われ
夜風に身を委ねて
重なり合う過去を一つ一つ
光と共に空は 還していく

「私」の夜想曲よ
麗しき鳴弦の如く
気高き貴方だけの変わらぬ存在へと鳴り響け
「永久に」

貴方の残り香を
闇の中抱きしめて
私から貴方が消えぬように
瞳を閉じて、月に祈りを…

「私」の夜想曲は
麗しき鳴弦の如く
いつか影が押し寄せ、孤高の新月になっても

色褪せぬ瞳と永遠を誓ったその強さ
気高き貴方だけの変わらぬ存在へと鳴り響く
「儚く」

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム