試聴する

無機質

ファーストラヴ 挿入歌

この曲の表示回数 9,939
歌手:

Uru


作詞:

Uru


作曲:

Uru


道に迷ったと思ってたけど
僕はまだ進んですらいなかったみたいだ

始めようともせず
終わらせようともしなかった

枝と枝の間に
細く風が通り 鳴いた
いつかの僕もこんな風に
泣いたりしてたよな

君と新しい音を聴いたよ
君と逢えたから僕を知ったよ
君と逢えたから全ての色が見えたよ
こんな夜でさえも

道の端っこで凍えていた
骨の折れた傘に 傘をさす
風に飛ぶこともなく
消えることもできない

冷たい雨に打たれて
「寒いよなあ」なんて 呟いた
いつかの僕もこんな風に
泣いたりしてたけど

君と新しい音を聴いたよ
君と逢えたから僕を知ったよ
君と逢えたから全ての色が見えたよ
こんな夜でさえも

変っていく空の色を 指で
なぞりながら 「綺麗だね」と
君が微笑う
僕の隣で

君と新しい朝を見たよ
君と逢えたから僕を知ったよ
君と逢えたから明けていく今日を想えたよ
こんな僕でさえも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:無機質 歌手:Uru

Uruの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2021/02/10
商品番号:AICL-4008
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP