黄昏

この曲の表示回数 15,229
歌手:

鮎ゆうき


作詞:

岸田智史


作曲:

岸田智史


枯葉散る季節になって
靴音さえも消えました
何故でしょうか…
淋し過ぎて 胸の震え止まらない
コート無しの身体寄せて
歩く二人は恋人なのに
追いかけても
今あなたの 心何処に遊んでいるの
いつも通りにあの角まで
送ってくれますか?
ふりむかないで お別れに
心が心が乱れます…
黄昏の街を行く 一人ぼっちの長い影
離れてても あなただけは
陽ざしの中 歩いてほしい…

あなたをもっと知りたかった
私をもっと見せたかった
それも無理ね…
このままでは 思い出さえも壊れそうだもの
いつも通りにあの角まで
送ってくれますか?
ふりむかないで お別れに
涙が涙がこぼれます…
黄昏の街を行く 一人ぼっちの長い影
離れてても あなただけは
陽ざしの中 歩いてほしい…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄昏 歌手:鮎ゆうき

鮎ゆうきの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP