試聴する

この世のおまけ

この曲の表示回数 403
歌手:

橋幸夫


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

橋幸夫


男は灯りを 心にともし
女は灯りを 窓辺にともし
恋だとか 愛だとか 青くさい
少年、少女で いればいい

鳴呼(ああ)
人生は一度だけ
思うがままに 飾らぬままに
また夕陽(ひ)が沈み また朝日(ひ)が昇る
輝く今は この世のおまけ

男はお酒で 時代劇(チャンバラ)ごっこ
女はお酒で 幸せごっこ
夢だとか 虹だとか 胸に抱き
太郎と花子で いればいい

人生は二度とない
急がぬように あせらぬように
また春が来て また秋が来て
生きてることは この世のおまけ

鳴呼(ああ)
人生は一度だけ
思うがままに 飾らぬままに
また夕陽(ひ)が沈み また朝日(ひ)が昇る
輝く今は この世のおまけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:この世のおまけ 歌手:橋幸夫

橋幸夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/07/01
商品番号:VICL-37551
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP