試聴する

月夜に馳せる -Acoustic Version-

この曲の表示回数 2,995
歌手:

GENIC


作詞:

小池竜暉


作曲:

実咲


貴方がいた手の温度が
いつか消えるのなら
この虚しさだけ何故か
離れてはくれないの

何処かで貴方に光る夜は
あの日のふたりで見た月かな?

貴女のいないこの部屋は色を失うから
拗ねた顔も怒るのも
それすらも見ていたいよ

あの日の月のように欠けず満ちた
心で日々を埋めていたい

ふわり揺れる心に灯る
月は孤独な夜を照らして
ひとり見た空は
あなたを想う意味をくれた

変わる事ない日々がまた
逢いたいを増すから
欠けたのままの上弦は
貴女だけたりないよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月夜に馳せる -Acoustic Version- 歌手:GENIC

GENICの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-02-21
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP