Phone

この曲の表示回数 9,878
歌手:

SILVA


作詞:

SILVA


作曲:

SILVA


鳴り続く向こう側のベルは
“サヨナラ”と口を滑らせる
戸惑いの果てに聞く声は まぼろし…

傾いた受話器越しに 漂う刹那に
広がった 独り占めしたい 欲望の群れ達が

誰もまだつけてない 呼び名で
新しいカフェに あなたを誘いたい

鳴り響く胸の声は たばこの煙のように消えて
指にコード絡ませる 愛が痛い
眠れない夜空に咲く 星の点を辿る暇さえ
あなたのもとへ私を ずっと急がせる

首にKiss 私だけの跡 刻んでみても
ドアを出た 背中の影 不安を落としてゆく

帰り道 冷たい風よ どうか
彼の肌からぬくもりは消さないで

鳴り続く向こう側であなた
同じ月を見上げているの?
切なさの果てに聞く声は まぼろし…

眠れない夜を越えて もう一度会える時が来たら
あなたのもとへ 私は もっと駆けてゆく

ひとり こんな時間のことを 伝えてよ
この恋は もう まぼろし?

鳴り続く向こう側のベルは
“サヨナラ”と口を滑らせる
戸惑いの果てに聞く声は まぼろし…

眠れない夜空に咲く 星の点を辿る暇さえ
あなたのもとへ 私を ずっと急がせる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Phone 歌手:SILVA

SILVAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/06/23
商品番号:HGCB-1006
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP