試聴する

あこがれ

この曲の表示回数 254
歌手:

吉田照美


作詞:

湯川れい子


作曲:

伊秩弘将


晴れた秋の日
男の胸に
なぜか 寂しい雨が……
愛する家族もいて
胸を張って 生きてるけれど

14~15の あの頃のまま
ふいに 姿を消して
見知らぬ 遠い町へ
乗れる列車 探してる

言葉に 出来ずに
胸のどこかで 熱く
マグマのような 憧れが
うずくまってる 子供のように

いつから そんなに
人は 嘘をむさぼり
恥ずかしがりもしないまま
生きて行けるのだろう

キリマンジャロの
上には 今も
ライオンが横たわり
見果てぬ夢 見てると
映画で 見たことがある

ヘミングウェイや
千利休のように
自分は自分のままでも
大きな力 ハネ返したい

誰かが どこかで
きっと見ててくれる…と
心の隅で 信じてる
そんな俺で いいさ

言葉に 出来ずに
胸のどこかで 熱く
マグマのような 憧れが
うずくまってる 子供のように

いつから そんなに
人は 嘘をむさぼり
恥ずかしがりもしないまま
生きて行けるのだろう

マグマのような 憧れに
涙 こぼれるけど…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あこがれ 歌手:吉田照美

吉田照美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-11-06
商品番号:BNTY-3
Brand-New Music

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP