試聴する

夜想曲

この曲の表示回数 2,131
歌手:

teto


作詞:

小池貞利


作曲:

小池貞利


変わることを恐れた一匹のエゾシカは
春を迎えることすら ままない様だった
月に照らし出されて 雫が煌めいて
銀色に囲まれた二度ともうない夜だった

一粒、二粒、雪が背を刺す度に想いがまた募る
遠ざかっていく街や声をもう一度抱えていきたい

愛や憎しみ、欲望までも全てを飲み込んで
混ぜて満たしてゲロになるまで全てを吐き出したい
いつか訪れる自分の死まで全てを飲み込んで
最後笑って眠りにつく為、全てを溶かしていきたい

「道に迷ったなら東へ行きなさい、日が昇り出すから。」
とあの時父は言った

愛や憎しみ、欲望までも全てを飲み込んで
混ぜて満たしてゲロになるまで全てを吐き出したい
いつか訪れる自分の死まで全てを飲み込んで
最後笑って眠りにつく為、全てを溶かしていきたい

いずれ朽ちて無くなってしまうまで
なるがままで歩いていくのです

愛や憎しみ、欲望までも全てを飲み込んで
混ぜて満たして光になるまで全てを吐き出したい
人に産まれて人である限り人を求めていく限り
最後笑って眠りにつくまで全てを抱きしめてみたい

いずれ朽ちて無くなってしまうまで
なるがままで歩いていくのです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜想曲 歌手:teto

tetoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/10/23
商品番号:UKCD-1182
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP