Childhood's End

この曲の表示回数 441

「虹の向こうには 何かあるはず」と
信じてた季節(ころ)にはもう戻れなくて
泣いたのが君じゃなくて 僕ならばいいのに
背伸びして その唇 触れた
出会わなかった方が よかったなんて嫌だ

いつかは幸せも悲しみも 風のようにただ消えるけど
不意に胸をよぎるのは 何の痛み?
ひび割れた愛を抱いて 次の物語 描く

あの頃と同じ雲が流れてく
星を見るふりして泣いたこともある
テーブルに置いた皿が 少しずつ増えていく
騒がしく小鳥たちが歌う
幻と踊った 日々もやがてもう終わる

誰もが鎖のような秘密がある 穏やかに笑える日まで
僕の胸をよぎるのは 誰の痛み?
なけなしの愛を抱いて 新しい虹を描く

時計を合わせ 呼吸を重ねた僕たちは
もう帰れない 場所を目指していた
また会えたら 離れないで 離さないで

いつかは幸せも悲しみも 風のようにただ消えるけど
不意に胸をよぎるのは 何の痛み?
新しい朝を生きる 次の物語 描く 自由に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Childhood's End 歌手:亜咲花

亜咲花の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-10-07
商品番号:USSW-206
MAGES.

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP