PURPLE FIRE

この曲の表示回数 464
歌手:

ENDRECHERI


作詞:

堂本剛


作曲:

堂本剛


怒り 悲しみの灯 焚べる様な夕景
涙奥まで 舐(ねぶ)って 舌で 舌で 脳を 靄(もや)すよ

抜け出さない 抜け出せもしないで それ溺る間に
あの日が 朽ちない 傷らが 舌に 舌に 悶(もだ)き 蠢(うごめ)いた

この酔い 眠らすように
空で雲の龍が廻(めぐ)り泣き
その下に 煌む太陽と 胸へ 胸へ 溶けて 燻った

燃え滾れよ 燃え上がれよ へばりつく 皆を
じりじりと 焦し 灰にしてよ 塵の死までと 燃やして ねぇ さぁ

紺桔梗(こんききょう)な 朱殷(しゅあん)な傷
抱き合い捩(よじ)れた摩擦が 夕刻の美に 口づけして咲く

PURPLE FIRE
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:PURPLE FIRE 歌手:ENDRECHERI

ENDRECHERIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-14
商品番号:JECR-71
ジェイ・ストーム

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP